このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2014-12-21 (Sun)

私の右手には、黒いゴムのベルトと真っ赤な棒がくっついたもの。
無駄になめらかで、無駄に溝や凹凸が多くて、妙な反りが入ってる。
戯れに目の前にかざしてやると、コレが賛美するような眼を向ける。

 あっそ…

そんな眼差しは透明な壁で跳ね返しながら、ベルトを腰に巻きつける。
こうすると喜ぶから仕方ない…
私の身体の一部になったような錯覚をくれてやる。
本当は手で持ってした方が簡単だし…
自由に反りの向きも変えられないし… めんどくさい…
反りを下に向けたほうが喉の奥まで入るよね…

「ほら飲み込んで。
この長さなら、食道まで届くね…」
独り言をつぶやく。
私の言葉は私の思いつきと気まぐれと欲求の結果、こぼれるもの。
だから、こんなのは独り言。
コレの欲望なんて知らないし、勝手に言ったとおりに動くだけ。

私の腕の、強力で無慈悲なモーターは一定のスピードで棒を咥えた頭を引き込んでいく。
少しの引っかかりの後、一気に私の下腹部に鼻がつきあたる。
そのまま…

 1… 2… 3… 4… 5…

全然抵抗が無くて、手を離してもきっとそのまま。
苦痛に変化していく顔…
震えてる。肩が強張ってる。
エライから髪を撫でてあげる。
ゆっくりとね… 時間をかけて…



ほんの少しだけ髪を後ろにすくみたいにしてやると、私の腰からゆっくりと離れていく。
排水溝の詰まりがとれる音…
糸を引く唾液、液体にまみれてだらしの無い顔…

「ふーん… 意外。
吐かなかったね。」
また独り言。

「じゃあ、もう一回。」
独り言。

のっそりとした動きで身を寄せて、口が包み込む…
「さっきよりも腰が遠いよ…」
髪をつかんで、引っ張る。
もっとこっちに来て。
そう、さっきよりも遠いんだよ。
体は苦痛を拒否してるんだね。
かわいいね…

はい、奥までしっかり飲み込んでね。
いくよーっ。
よっ、よっ、よっ…
一気に、思いっきり腰を突き出して、ほんの少し緩めて、また突き出す。
強力に突きいれられるから、腰に付けた意味も少しはあったかもね…
あ、喉の奥が、変な音してる。
肩が、ビクッてなってる。
変な動きしてる… 顔もグシャグシャ…
震える唇。
変なの。
あ、これ、面白いかも…
私の無意味な好奇心を解放してやろう。

あっ…
すっごく前かがみになって、震えながら手が私のお尻をさすってる…
必死な感じで…
じたばたと忙しいけど、表面を優しく撫でていくだけ…

良く解ってるじゃない… 
そう、叩いたりしたらだめだよね… 
あんまりせかしても駄目…
私が好きな時に抜くの。
あなたの都合なんて知らない。
もし無意識にでも私を叩いたりしたら酷いよ。

一気に、引き… 抜く…

「手で受け止めて… 下さい…」
少し、汗をかいた… 息が上がってる。

山芋を荒くすって、薄口しょうゆを少し、そんな風なもの…
大きく開いた唇を流れ出て、手皿から溢れる。
まるで多段式の噴水。
そして、酷い顔。

「顔には塗らないで下さいね。」
顔に吐しゃ物が付いてるのは嫌いなの。
こんな独り言を言うと、コレは両手に並々と湛えたモノを胸の真ん中に叩きつけて塗り拡げはじめる。
流れ落ちるのを惜しんでまた受け止めて、四肢に刷り込んでいく。

「口あけて…」
私の、あげる。
口の中の唾液を軽く集めて落とす。
舌の上に落ちて、喉に導く、この人の仕草に救われる…
毛羽立っていた胸が、少し落ち着く。

時々動きがぎこちなくなって止る。
宿主にされていた幼生に身体を食い破られる寸前みたいな痙攣。
少し間違えると、泡吹いたりしそうな顔…

私の手から放れた洗面器が床に乾いた音で跳ねる…

「もう一回。
喉が使いものにならなくしてあげます。」
私が満足するまでね。

洗面器をまたいで、欲情でベトベトに開いた口。
一歩前に出て、髪をわしづかむ…

洗面器に水流をたたきつける音と、コレの下からにごった音。

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2014-12-02 (Tue)
例のごとく、知らない世界のこと…

スクリーンの中。
すごい…
これ… 私…
前に出した私の写真。
立派に着飾った私。
おとぎの国の衣装。
体中が甘くなって、肌が少し湿る。
クリックすると、ほんの少しずつはだけていく。

みんなが手に入るようにした。
ずっと前にね。

次の括りでは、唇と口の中の粘膜がエッチに戯れていく。
次の括り…
一番エッチなところで遊んでる。
中に入ってる。
入ってたものを見せてる。
私が遊んでたものがどんなにエッチなものなのか…
ちゃんとは見えなくなってるけどね…
次の括り…
一番恥ずかしいところにいろんなものを入れてる。
お尻のほう…
エッチな気持ちになるための形…
人が作ったもの。
一生懸命に考えて…
エッチになるために工夫して…
そして、私のお尻はこのくらいのものが入る…
だから、私はエッチなんだ。
私のお尻はこんなになってる。
こんなものが入るくらいに…
こんなもので気持ちよくなるくらいに…
なぜ?何のため?
ただ… エッチだから… 目的も意義もなく…
それをみんなに見せている…
たくさん開いて見せた。
できるだけ中のほうまで見えるように。
赤いところ。 潤ってるところ。 あったかところをね…

みんな知ってる。
私が卑しいこと。
私が公開したもの、記事とか、配布したものとか…
全部集めたら辿ることができること。
そんな私をみんな知っている…

いま、私の中に入っているもの…
しばらく入っていたエッチなもの…

明日、自分で仕立てた晴れ着を纏って、参加する。
お祭りに花を添えるために。
という言い訳。

私の中には、エッチなものが入っている。それも、ずっと前から。
エッチに気持ちよくなってる。
あの写真を撮ったとき、イってしまった。
教えてあげる。
明日の私のこと、今日教えといてあげる。

アスファルトの上、囲むカメラと眼はそれを知っている。
お願いする。
明日、ちゃんと問いただしてください。
私がエッチなこであること。
いま、エッチなことしてること。
それには、ちゃんと応えるっていう約束。

物語の中の勇敢なヒロインは恥ずかしがったり、照れたりはしない。
敵を射すくめる視線と隙のない構え。
ただ、肩と子宮が震えるだけ。
質問にはまっすぐにはっきりと答える。
エッチな質問…
死にたいほど恥ずかしくても、気持ちよくなりすぎても、子供の夢を壊してはいけない。

もし、誰も聞いてくれなかったらどうしよう…
そのときは、自分から言わなくてはならない。
はっきりとね。
そういう約束…

明日、最高に気持ちいい拷問。
楽しみ…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2014-01-01 (Wed)
日記とか
私の生活のこと。 エッチなものも、そうでないものも…
危ないプレイのことは殆ど入っていない。
ブログを始めて、かなりたってから書き始めた…

私とあの子
ブログを始めた時には一人だった。
しばらくしてよりが戻った… かわいい子…
エッチなことも入ってる。
一時期に書いたものをまとめたもの…

命令してもらったこと
一人で妄想してたこと、本当に(?)したいこと。
一人でしていたこと。
我慢できなくて… メールで素敵な命令をもらうの…
※すっごく汚いこと、苦しいこと、危ないプレイがあるから、気を付けて…
気分が悪くなるかも…

私のしたこと。

創作
創作の話…
※すっごく汚いこと、苦しいこと、危ないプレイがあるから、気を付けて…
気分が悪くなるかも…

* Comment : (2) * Trackback : (0)

* by ゆう。
《鈴》。どこにアルのかわからない…。

* by ゆう。
出来たら、でイイです 《コメント一覧》バナーに加えてはいただけませんか?

どこにコメントしたのか忘れてしまうンです…orz
できたらでいいですっ(笑)。

個別記事の管理2013-08-19 (Mon)
【撮影の話の設定は…
女の子に酷いプレイの場を与えて撮影するサークルがあって…
素敵なプレイの餌に釣られてモデルになってしまうって言う話… かな…
撮影計画とかまったく知らされない…
されるがままで惨め、だけど逃れられない… かな…

この話は二つ目の作品の撮影。】

うつ伏せに倒されてる。

目隠しを取られると、斜め上から照らされた光が眩しい…
思わず左に目を逃がす。
目が開かない… 慣れるまで待たないと。
痛い目の裏を我慢して、薄目を開けて… 
スタンドライトに作られた私の影をやっと認識する。
照明はあんまり明るくはないみたい。
光源は一つ… 土足の床…?
裸の肌に冷たくて、少し砂っぽい。
私の前に、金属のボウル…? ちがう… 皿、かな…
皿だとしたら、大きい… 
腕は背中… 縛られて動かない…

やっぱり皿だよね… 
ああ、ペットに餌をやるやつか…
どうせ汚いものを食べさせるんでしょ…
大きいし… 沢山入れて、絶望した顔を撮るんだね…
口が直に皿に入って… 唇も頬も汚れて、みっともなく… 食べるんでしょ…
いいよ。たくさん撮って…

… 
部屋の隅、三脚にビデオが乗ってて、私と目が合って…
三脚に乗ったビデオは目と同じ… 人と同じ…
容赦なく、瞬きすらせずに私を撮り続ける、人よりも純粋で、酷いモノ。
そんなにじっと見ると恥ずかしいよ…
小さな赤い光が、残酷に私を苛む。
最低のことをしている私を撮ってくれる。
最低のことをしている私は、エッチな快感を貪ってるんだよ。
そんな最低の私を撮って…

ゆっくりと膝を立てて、起き上がろうとしたのに…
革のかたい靴が、踏みつけてくれる。
髪の毛と靴の間に挟まった髪の毛が引っ張られて、痛い。
顔に掛かってくる髪、歪に床に押し付けられた頬、唇…
長く踏んでくれてる… よだれが口から漏れてくる…

「今から12時間一人で過ごしてもらうからね。
この部屋で。」

顔は床に押しつけられて、お尻は突き出た格好で投げられる言葉…
12時間ね…



お尻がいじくられる。
冷たいものが掛けられる。 ぬるぬるしてて、優しく扱ってくれる…
だんだん太くなっていくものが入れられていく…
中で、膨らんでいく… 
栓、するの…?
きっと浣腸もするんだね… 出せないんだね…
グリセリンだったら苦しいよ…

「それまでに、全部食べててね。
床も皿も、綺麗にするんだよ。」

小さな皿から、ドロッとしたものが入れられて…
凄い臭い… 饐えたアンモニアの臭い…、に色々混ざってる…
量は多くないけど… 赤くて、黒くて、少し緑色の暗色。
皿の横に、透明なボウルが置かれて、横にグリセリンが置かれる…

人が歩いてきて来て、しゃがんで…
たくさん出してる… 
さっきのドロッとしたのを覆っていく。
嘘みたいにたくさん…
ずっと溜めてたみたい…
おしっこも…

「あとふたりいるからね。」

そう…
あんな大きな皿がいっぱいになった…

「皿はちゃんと舐めて綺麗にしててね。」

透明なボウルにグリセリンと水が入れられてる…
ボトルの半分くらいずつだから、500cc位。
やっぱり、12時間苦しまないといけないんだね…
お腹に、集音機が貼られて…
最高に苦しくなった時になる音を、ちゃんと録ってくれる。
一体何回鳴るのかな…
お腹が鳴るのが少し楽しみかも…
ちゃんと聞いて…
へー… カメラは3台あるんだ…
安心だね。
ちゃんと食べてなかったら、また12時間やり直しね…
大丈夫、ちゃんと食べるよ。
酷い… お皿、蹴りこぼしていってくれた…
床にぶちまけられる…



鍵掛けられた… 暗い…
オレンジ色のスタンドライトに照らされたうんこと、 少し茶色くなったおしっこ。
腸の中が気持ちよくなってきて、
目の前のものが汚くて、臭くて…
頬が熱くなって…

おもいきり前かがみでうんこを一口かじる…
やわらかくて、綺麗に歯型に切り取られてくれる。
唇に付かないように、歯をむき出して…
歯の間で浮かせて… 
温度とか、味とか、感触とか、 感じたくない… けど…
ほのかに温度を感じて… 凄く臭い…
ゆっくりと、舌に乗せていく…
私の舌の真ん中を窪ませて、切り取られたうんこが乗ってる…
息が荒くなってる… 
取り返しが付かなくなる…
汚いことする…
ビデオ… ちゃんと赤く光ってる…
撮ってくれてる…
おかしくなれる…

思い切り奥歯で噛むの…ゆっくりと…
内頬に付いちゃう…
舌にも塗られていく… 浸み込んでいく…
味や感触を感じる粘膜にまとわりついていく。
最悪… 吐きそう…
粉っぽくて、ぬるっとした液体になっていく…
頑張って唇を閉じる…
口腔の粘膜全体で感じる。
餌付いて、食道がせりあがる…
涙が浮かんできて、鼻の奥がつんとする…
私、苦しんでる…
お腹が沁みてる…
顔が熱い… 鼓動が大きい…
目を閉じて…
快感に震える…

お腹が苦しい…
背筋が冷たくて、冷や汗が出てる…
お腹の音、たくさん録ってくれる…
本当にたくさんの汚いものがある…
床も舐め取らないと…
最初に入れてくれたの、なんだろう…? 
きっとすごく汚いものだよね…
どうなるんだろう…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2013-08-18 (Sun)
【みんな、みているだけなんだよね…】

いつになったら出していいんだろう…
浣腸されて、バルーンで栓をされて…
どれくらいたったかな?
撮影の計画ではどのくらい我慢することになってるんだろう…
私の視界には裏路地の標識、カメラ、ガードレール、民家、スタッフの人、下を向いたら、
膝上のミニスカート、その下からぶら下がるバルーンのチューブ…

限… 界…
お尻が拡がる。
膨らんだバルーンを押し出そうとして肛門が盛り上がる。

出ない… 出ない…
ハッ… ハッ… ハッ…

涙が止まらない。
鼻水もすごい。
汗が目にしみて、髪の毛もめちゃくちゃだろう…
気分が悪い。吐きそう。
おなかを抱え込んだ腕は目に入る汗を拭うことも忘れている…
足を前に出すとお腹が破裂しそうな激痛がする…

歩かないと…
あぁ… あ… はっ…

一歩で足半分くらいしか動かない…
何か踏んだ? どうでもいい…
確認する余裕がない…
また… お尻が… 盛り上がって…

だせないよう…
だせ… ないーーーっ!!

何度目の波だろう…
最初は考えないことにしていた…
いつ出せるかなんて…
いつまでも我慢するつもりでいた…
でないとつらすぎる。
そんな小ざかしい理性なんて何回目かの便意の大波で流された。
後は開放を求めて思いっきりいきむだけ。
そのたびにバルーンに押し戻されてのた打ち回る。
私の切実さは手のひらほどのバルーンに嘲笑われる…

腸の奥のほうまで液がとどいてるんだろう…
もう気持ちよさなんてない。
肛門ではなく内臓のプレイ。
プレイというより病気。
ベッドに寝ているのなら置かれている状況に思いを巡らせられるかも知れないけど…
歩かなくてはいけない… 
お腹の痛みが、神経を伝って足先に不快感となって襲ってくる。
寒気が内股を通っていく感じ…
また何か踏んだかも…
確認する余裕もない
汗がのどを伝って痒い…
拭けない…
躓いたら起き上がるのが地獄だろう…
気をつけないと…

歩けているのが不思議…
いつになったらだせるの?

Return

* Comment : (2) * Trackback : (0)

ゆう。さん… * by ネこ
実体験…
強ち、違うとも言えない…

…ねぇ? * by ゆう。
これって 実体験? リアルすぎて



濡れた

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。