このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2012-06-02 (Sat)
私もあの子も、耳かきが好き…
突然、私の膝の上に乗っかってきて、ねだる…


濡れた麺棒で、耳の裏、耳たぶをこすってあげて、
耳の一番外側の柔らかいところを何回か往復して…
一番上の広いところを麺棒の横のところで…
そこから下りていく。 
入り組んだ軟骨の溝をしっかり掃除してあげて、
耳の穴の周りの広いところをまた麺棒の横で…

穴の中をやさしくこすっていると、
「そこ!」
気持ちいいところらしい…
私の膝の上で… 今度は、
「そこそこ… んん…」
最後に麺棒の先端で、ちょっと奥のほうまでこすってあげる。


エッチするときにたくさん責めてあげたいから、
きれいにしておきたい。
直接に気持ちいいところでもないのに、
責められると一気に気分が高まるところ。


耳のそばに口を置いて、やさしく、
わざとらしく音を立てるのが好きみたい。
熱い息をたくさん掛けてあげて、
興奮した激しい呼吸を聞かせてあげる。

たくさんじらしてから、
耳の溝に舌を這わせてあげる。
たくさん唾液を出して、耳の穴までぬらしてあげる。
水に入ったみたいに外音が鈍くなって、
接してる舌の動きだけが大きな音になって、
感覚が支配されるでしょ?
凄くかわいい声を出してるね…
いつのも男顔負けの低い声じゃないよ。

髪の毛が少し口の中にまぎれて、邪魔…
身体を反らして逃げないで…
強く抱きしめてあげないと駄目なの?

* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。