このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2016-01-25 (Mon)
嫌いな言葉

「教師」
嫌い

「①学校で、一定の資格をもって児童・生徒・学生などの教育にあたる人。
②教員。 一般に学問・技能・技術などを教える人。「ピアノの教師」
③宗教の布教・宣教を行う人。」

・教員
学校で児童・生徒・学生を教育する職務に従事する人。教師。

・教諭
小・中・高等学校、幼稚園、特別支援学校の正教員。

以上、最大公約数の一例

「教諭」は職業名なんだね
ニュースとかで使われる理由が解った

「教師」と「教員」はどう違うの?
規範の中では同じもの
でも、私の印象はだいぶ違う
「教員」は無色透明なイメージ
「教師」は尊敬語
言葉の歴史は面倒くさいから無視

「教師として」「教師としてふさわしい」枚挙に暇がない
「教員として」「教員としてふさわしい」少しレベルが下がる
「教師」は、職業、公教育、教育担当者、話がはやいからそういうときに使うのは便利かも
「公教育機関の教育担当者になりたい」が「教師になりたい」で代用できるから、労力の節約にはなるかもね
少し大げさかな…
「教師になりたい」はべつの意味も含んでない?
情熱があって尊敬される教員

反対に、侮蔑するとき
「教師のくせに」「教師風情が」
「教員のくせに」「教員風情が」
「教師」への期待、「教師」という職業の社会的地位、子供にとっては大人の代表

さて、嫌いな理由…
というより、嫌いな用法

①教育関係者が使うとき、一人称的な…
目指すもの、として使ってほしい
「教師をしている者です」
面映ゆいからやめてほしい…

②教育関係者でない人が使うとき
扇情的な使い方をしないで…
「あなた、教師でしょう?」「教師にあるまじき」
具体性がない、狡い…
人間の範疇を超えた要求を感じるよ


「保育士」「看護師」
なんで、「保母さん」「看護婦さん」じゃダメなの?
私の中では尊敬語
「教師」と同じレトリックがあるのかな…
言葉だけでプレッシャーをかけてしまうのかな…
だとしたら、申し訳ないな


「いじめ」
「いじめがあった」
気持ち悪い
言いにくいことがあるの?
何かを誤魔化したいの?
単純に気持ち悪い


次に書く話で使う言葉の言い訳

* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。