このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2014-12-22 (Mon)
Excuse Ⅰ-Ⅲ. Arrangements

で、あいつの家…
というよりもちょっとしたお屋敷。

で、ちょっと厳重な扉、地下室。
ゴムでできた床、排水溝
ヴィジュアル重視の拷問器具
フックを備えた、機能性抜群の壁と天井
無駄に明るい無機質な照明

一角に作られたお洒落空間。
ガラスの天板のテーブル、おそろいの椅子が一脚。
ポッドに、カップ、ケトル、ティーバッグ、さりげない観葉植物
装幀の立派な本数冊がブックエンドに寄りかかってる。
こいつって、こういうところがあるみたいで…
インテリアが妙に素敵なの…
でもきっと、ここに用意されたものが居心地良さそうなのは、半分は当てつけ。
これから地獄を旅する私への…

だって、丁度そこから観察するのに適している所に、見たことのない装置…
絶対、これが今回私を追い詰める装置…
私の自虐プレイの経験上、一つ一つの部分は割と初見ではないんだよね…
ここをこうして拘束して、あれをお尻に入れて、液体が注がれる、そんなことは想像できてしまう…

バレバレだし…
惨めな私と、優雅なあなたのコントラストを演出しているんだよね…
ただ、きっと半分は本当にくつろぐ気でいる…
そのために、わざわざ快適な空間を作ったのが想像できる…
本当に、最低な奴…
失礼な奴…

「キョウノジッケン」についての説明が始まる。
・こっちのバスタブみたいな容器には100Lの液体が入ってる(ハイハイ、グリセリンね)
・それを、こっちの同じ形の容器に全部移そうと思う(何のために?)
・そのためのチューブと自動で動くポンプを用意したけど… ちょっと問題が…(あ、そーですか…)
・途中がこんなことになってしまって(あんたの技術力で失敗も無いでしょうに…)
・1m位の、チューブ状のものがあると助かるんだ。どこかにない?(私の腸の事?私から言わせるんだ…)
・あ、それいいね。でも良いの?そんなこと… 苦しいし、普通でないよ?(じゃあ、明らかに入れるときにお尻が気持ちよくなるようなそのデザインは何…?)
・ごめんね、こんなことに付き合ってもらって(本当だよ! バカ野郎!!)

どうしよう… どこから突っ込めばいいんだろう…
罰が当たればいいのに…

バスタブ同士をつなぐチューブの真ん中に、80cm位の蛇腹みたいになっている金属がある。
ふーん、自由に形を変えられるんだ…
それで…? 根元の穴から、バスタブ1の液体が出てくるわけね…
先端の方の穴が、バスタブ2に繋がっていると…
金属部分を私の大腸全体にちょうど収めてお尻をバルーンで塞いだら、私の消化管の出口から入り口に逆流していって、ちゃんとバスタブからバスタブへ液体が注がれると…
それで、私の腸はその間グリセリンで爛れると…
天井から伸びている鎖の先には四つの枷。
そしてわざとらしく置かれたエッチな形のモノ…
馬鹿みたいな表情で顔を固定する口枷とそこから伸びる点滴…
本当に、準備万端だね…
コイツもっと他にすることないのかよ…

で、この装置の目的は何なの…?
何のために液体を移すの…?
「おふろの残り湯で洗濯したりするじゃん?」
で…?
「そういうこと♪」
だから水槽じゃなくてこんな形にしたのか…
どこまでもふざけきるつもりだ…
切実なのは私だけ…

糞野郎…
* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。