このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2013-08-18 (Sun)
【みんな、みているだけなんだよね…】

いつになったら出していいんだろう…
浣腸されて、バルーンで栓をされて…
どれくらいたったかな?
撮影の計画ではどのくらい我慢することになってるんだろう…
私の視界には裏路地の標識、カメラ、ガードレール、民家、スタッフの人、下を向いたら、
膝上のミニスカート、その下からぶら下がるバルーンのチューブ…

限… 界…
お尻が拡がる。
膨らんだバルーンを押し出そうとして肛門が盛り上がる。

出ない… 出ない…
ハッ… ハッ… ハッ…

涙が止まらない。
鼻水もすごい。
汗が目にしみて、髪の毛もめちゃくちゃだろう…
気分が悪い。吐きそう。
おなかを抱え込んだ腕は目に入る汗を拭うことも忘れている…
足を前に出すとお腹が破裂しそうな激痛がする…

歩かないと…
あぁ… あ… はっ…

一歩で足半分くらいしか動かない…
何か踏んだ? どうでもいい…
確認する余裕がない…
また… お尻が… 盛り上がって…

だせないよう…
だせ… ないーーーっ!!

何度目の波だろう…
最初は考えないことにしていた…
いつ出せるかなんて…
いつまでも我慢するつもりでいた…
でないとつらすぎる。
そんな小ざかしい理性なんて何回目かの便意の大波で流された。
後は開放を求めて思いっきりいきむだけ。
そのたびにバルーンに押し戻されてのた打ち回る。
私の切実さは手のひらほどのバルーンに嘲笑われる…

腸の奥のほうまで液がとどいてるんだろう…
もう気持ちよさなんてない。
肛門ではなく内臓のプレイ。
プレイというより病気。
ベッドに寝ているのなら置かれている状況に思いを巡らせられるかも知れないけど…
歩かなくてはいけない… 
お腹の痛みが、神経を伝って足先に不快感となって襲ってくる。
寒気が内股を通っていく感じ…
また何か踏んだかも…
確認する余裕もない
汗がのどを伝って痒い…
拭けない…
躓いたら起き上がるのが地獄だろう…
気をつけないと…

歩けているのが不思議…
いつになったらだせるの?
* Comment : (2) * Trackback : (0)

ゆう。さん… * by ネこ
実体験…
強ち、違うとも言えない…

…ねぇ? * by ゆう。
これって 実体験? リアルすぎて



濡れた

コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。