このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2013-08-15 (Thu)
【エッチなショーの話…
実際どんなのかは全然知らない…】

何の感動もなく始まる…

時間はもうスタートして、私がこのステージ裏から出ていけば、 それが始まり…
私の周りは真っ暗で…
舞台裏の死角と、表舞台の境にスポットライトが当たっていて、
こっちから見ると、一本の直線を境にして、ステージ側が明るい…
埃に乱反射している光のエリアに手を沈めてみる。
いつもより白く見える手の甲、暗く闇をつかんでいるような手のひら。
お客さんにははっきりと見えているはず…
変だよね… 出て行かなきゃ…
光の中に引きこまれる…
私の腕の明るいところが広がっていって、眩しくなる。
光源が二つ。
青白い光…
身体が空気を切っていく。
いつもより重い流体になって、私の肌を撫でていく…
ライトの熱のイメージが産毛を焼いていく…
だって… 滑らかな床、生活感のない広い空間…
薄らとみえる視線…
裸の私は、きっと異質なもの。
作った毅然さが揺らいでくる…
腰が引けそう…
ゆっくりあるかなきゃ…
もっとゆっくり…
今日は何?



客席に円形にせり出したステージの真ん中…
テーブルが四つ。
覆ったクロスの下に道具が並んでいるはず…
いいよ… してあげる…
期待以上のものを見せてあげる…
いつも期待通り、とってもひどいものが並んでる。
今日は何?



震える指で一つ目の覆いを剥がす…
並んでいる欲望が目に入ると、頭が熱くなって、おかしくなりそう。
こんなもの使わせたいの…?
そんなにひどい私を見たいの…?
いいよ…
でも、少し座らせて…
膝の力が抜けてるから…
座っていいよね…
思いっきり情けなく、へたりこんでいいよね…?
腿とお尻に床の冷たさを感じて、甘えて、緩んだ表情を見せて、
媚びたような顔を見せていいよね…?
道具を見つけるまでが台本…



あんまり待たせたらだめだよね…
一番手前に置いてあるもの。
首輪、ロープ、フック、でひとまとまり。
手にとって、高々と見せつけてあげる。
きっと痛いんだよ…
酷い顔になるよね…
そんな顔見たいの…?
しょうがないな…

ごめんね、少しもたつくよ…
首輪の金具を外すの苦手だから…
首輪つけるのって地味…
一方からしか光が当たらないから余計に難しい…
本当に金具が外れない…
堅い… コツがいりそう…
指先が少し痛い…
少しうずくまっているような姿勢で… みんな見てるのに…
かっこ悪いな…
首輪をつけると、革のふちが首の皮膚にあたって、刺激される。
みんな見てるね…
正面を向いて、みんなが見やすいように…
身体、顔、全部見て…
鼻に、金属の器具を入れて、引っ張る…
どこ見ていいかわかんない… 視線のやり場に困る…
鼻が、痛い…
頭に回したロープを、首輪に引っ掛けようとするんだけど…
すごく引っ張ってるのに、まだ届かない…
もっとひどくしないと…
もっと痛くしないと…

首を下に向けられない…
もういい…?
たくさん見た?
次にいっていい?
次のは気持ちよさそうだよ…

顔に着けた道具のせいで身体を動かしにくい…
次…
お尻に入れるもの…
いくつかの球体のついた紐…
確か大きかった…
身体ごと前に倒さないと、下が見えない…
ちゃんとローションがある…

前かがみになって、向こうにお尻を突き出すのがいい…
きっとそれが、一番恥ずかしい…
このくらい足を開けば、恥ずかしいところが見えるよね…?
ちゃんと大事なところは濡れてるよ…
向こうを向けないのが残念…
ステージの奥にクロスした私の影で我慢しよう…

こうやって、お尻をほぐすんだよ…
私… いつもしてるんだよ…
いつもこんな風にしてるんだよ…
こうやって、大きいものを入れるんだよ…
広がってるでしょ…?
紐が外に出てるから、ちゃんと入ってるのがわかるでしょ…?
ちゃんとお尻に入ってるコレを感じてるよ…

今からアソコを擦るね…
興奮してるの…
気持ちよくなりたい…
身体、全部見て…
隠さずに、かがまずに、ちゃんと立つから…
気持ちよくて、恥ずかしくて、ゆがむ私の顔をみて…
急な刺激にはねて、委縮してる…
誰とも目を合わせられない…
気持ちよすぎる…
わき腹から、胸まで、皮膚一枚だけ撫でると、切なくなる…
我慢できなくて空いている手は乳首に伸びる…
ちゃんと顔見えてるかな…
道具と気持ちよさで歪んだ顔…
本当は、もっと下を向きたいんだけど…

待って…
まだ、イっちゃダメ…
次のが凄いから… それと一緒に…

1mくらいの金属の棒…
真ん中にフックがついてる。
両端を踏んで、しゃがんで、お尻から出てる紐を引っ掛けて…
アソコと胸をこすって、こねくって…
イくっ…!!

立ち上がって…
あわてないように、お尻を開きながら…
足に抵抗を感じる…

…!!!

お尻の粘膜が強烈にめくれる…
ごめんね…
立っていられそうにないよ…
痙攣しながら、膝が崩れていく…
頑張っても、身体を支えられない…
崩れたまま…
深く…
痙攣する…
ごめんね…



気持ちよかった…
死ぬかと思った…
鼻が死ぬほど痛いから、外すね…
ちょっと邪魔…
お尻から出たものに、汚いのがついてる…

掲げたコレを口の中に落していく…
ゆっくりと…
見せてあげるね…



テーブルは後四つ。
何が並んでるのかな…
* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。