このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別記事の管理2013-08-10 (Sat)
【前に夢で見たプレイ。
ベッドの中ですっごく興奮した…
「店主」の話なんて書くずっと前。
その時は…
奴隷:私
お相手:尊敬していた先生】

今日はお外でプレイする。
ミニスカートに、ショーツは脱いでお散歩…
お店を出てすぐ、目隠しをされた。
優しい手つきが頭の後ろで布を結ぶ。

目隠しをして歩くのって怖い。
あの人の腕に引かれながらなんとか歩くけど、時々つまづいて…
暗闇の中で、この人の手だけが頼り。
段差に躓いて、標識にぶつかって…
手さぐりの出来ないペースで、すり減りながら歩いていく…

10分位歩いたのかな…
お店を出たときに遠くで聞こえていた喧騒は今はなく、
かすかに車の音が聞こえるだけ。
かなり路地に入ったらしいけど、
車の音の鮮明さと遠さが白昼の道路にいることを感覚に訴えてくる…

…あっ!

胸を触られた。
丁度乳首のところを、つめでこする感じで…
歩きながら…
服の上から、すっごく弱い刺激だけど…
この人の玩具にされている内にむき出しで敏感になってきた神経に、
不意打ちだったから…
膝が… 砕けそう…

「自分で、アソコをいじってください」

はっきりとした声で。
とても楽しそう…
周りの人に… 聞こえる…

スカートの前から手を入れる…
スカートがめくれて…
大事なところが晒されてる…
私が歩いているのが… スカートに手を入れてまさぐっているのが… 見られてる…

風、におい、音、はっきりわかる…
私がいるのは… 外、白昼、道路… なんだ。
大事なところをいじって、肩をこわばらせて歩いてる…

一回だけ耳を舐められた
きっと気まぐれで…
信じられないくらい感じて…

安瀬がにじんでくる肌に、風が気持ちいい…



何台か車が側を通った…
人とすれ違ったのかどうかはわからない。
ずっと… 歩いてた… いじりながら… うつむきながら…
かけられた言葉は…
「イッてください」
だけ…
イッてしまった…
こんなところで…
頭なでられた。



「ちょっと止まってください。」

両手を握られ、手を誘導されて、手が壁について…
ごつごつしたコンクリートの壁が冷たい。

「壁に手を着いて。
お尻を突き出してください。浣腸しますからねー」

車の音はしないけど… 
人は通ってるかな…
スカートが思いっきりめくられて、お尻が丸出しになる。
ちょっと脚を開いて、お尻の穴に空気があたるようにお尻を突き出す。
アソコをクチュクチュされる… 
優しく、滅茶苦茶に掻き回わされる…
膝ががくがくする。
だめっ!! すごい… いや!…
いま、私を支配してるルールは、

「壁から手を離してはいけない。」

だって、そう言われたから…
恥ずかしいいけど、気持ちよすぎるけど…
抵抗できない… へたりこめない…
アソコの汁でお尻をほぐされる。
たっぷりと時間をかけて…
指が抜かれると、一瞬腸が外気に触れてヒヤッとする…

…んっ!!

口に指が突っ込まれて…
唇、舌、歯、グチャグチャにかき回される。
たっぷりと…
気持ちいい… もっと掻き回して… ほしい…
私の腸液を、汚いのを、汚してしまったものを、お掃除させられてる…


「チューブを入れますからねー。
自分で握ってください、いいって言うまで」

チューブを入れられて、ポンプを持たされる。
一握りすると、腸に液が流れこむ。
2秒くらいしてから、腸内が温かくなってきて、便意に変わる。
すごく官能的に刺激される。
5回くらい握ると、腸が張った感じになって、量がきつくなってくる。
お尻を緩めるともれちゃいそうになってくる。
自分の格好が恥ずかしすぎるのと、腸の刺激で感じすぎちゃって…
内股になって… 腰が落ちてくる…
でも、手は休めずに握り続けられている…

「はい、いいですよー」

けっこう量がはいった…
かなり奥の方まで届いてる。
ちょっとおなかが重い。

便意はまあまあ。
我慢できるくらい。

「歩きましょうねー」

便意よりも、イキそうなのがやばい…

「ちゃんといじるんですよー」



結構歩いた…
あっ! お腹いたいっ!

うっ! … はあ…

ゴロゴロっていって、便意の波がいったん収まった。
何度目の波? そろそろ本気でやばい。
栓無しだから、勝手にもれそう。
もう… イッちゃったら、うんこもでちゃう…
私、外にいるんだ… 道路歩いてるんだ… って思って…
すごい… 浣腸してオナニーしてるのに…

「私が、合図しますから、その場で出しながらイッてください。
しゃがんでからですよ…」



もういつでもイケる。
我慢するのがきつい。便意もギリギリ。
波が来るたび、肛門が痙攣する。
なかなか命令されない。
いつなんだろう。
いつ出せばいいの…

道端で、しゃがんでオナニーしながら…
浣腸液を撒き散らして… その後温かくて軟らかいうんこも出すんだ…

◆ 

「出して。」

きた! ここで? 
心の準備なんて意味がなかった…
あまりにも非日常で、不自然なことだから…
体がすぐに動かない。
まずするべきことは…
しゃがんで…

なんとかしゃがんで…
後はなし崩し的に…
うんこがでて… 出るほうが自然な状態だから…
すごい開放感で…
気持ちよくて…
イく… すごいっ!! イくっ…
腰がすごくはねてる… 
すごく深くイッてる…

イったあと、軟らかいうんこが肛門をニュルりと出て行く。
全部出し切るようにっていわれたから…
残りのうんこを出しらなきゃ…
膝の力が抜けて、地面に崩れ込んで…
頭をなでられながら…
恥ずかしい…
臭いもしてくるし…
服が… 汚れる…
* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。