このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2013-08-06 (Tue)
【始めて書いた創作。
懐かしい…】

入り口のドアを開けると、ガラスのベルが透き通るような
音を響かせる。申し訳程度に配置された商品陳列を抜け
カウンターへ、歩きなれた数歩。
「いらっしゃいませぇー」
屈託なくどこか幼さを残しながらも、媚や作ったような
鼻持ちならなさを含まない明るい声と笑顔が私を
迎えてくれる。

小さな雑貨屋さん。パンク系、というのだろうか、
拘束器具を思わせるようなデザインの服や、宗教的
モチーフの感じられるような小物を取り扱うお店。
お店の雰囲気は明るく、商品の趣味は人を選ぶが、
店構えはくるものを拒まないかんじ…

このお店の取り扱う裏の商品。淫靡で不道徳で今は私専用の、
そして、顧客の増える予定のない、まさに裏の商品。
それは、危ない性プレイ。SM、露出、スカトロ、拷問
どれも私の好きな響き。

客を迎える挨拶の後、店主は威圧も揶揄も含まない素直な
笑顔を浮かべ、私はしかられた子供のようにうつむく。
しばらくの沈黙。この沈黙はいつもどおりの儀式のようなもの。
週に一度ここにくる私の目的は明らかだ。
私にとっては羞恥の道のり、私がここまで来たのはすべて
私の変態的性欲求のため。
この時間の目的はただひとつ。だから、余計な世辞は
いらない…
でも、私からそんなことは… 
恥ずかしくて…



あ、お客さんだ。…いつもの人。…まってたよ。
「いらっしゃいませぇー」
「………」
この時間好が好き。私が何も言わないと、
お客さんも、なにもいえない。
何も言わない時間が長いほど、この人が困るし、
恥ずかしくなる。
ずっと黙ってたらこの人からなんて言葉が出るんだろう?

うつむいた奴隷ちゃんを見てたら、幸せで、
いつの間にか言葉が出てた。無意識に、自然に。
「先週、あれからどうでした?」

あ、話題振っちゃった。幸せに色どられた沈黙が隠れた。
ま、いいか。奴隷ちゃんにとって恥ずかしい話題だし。

「帰るときにぃー、浣腸しあとぉー、鎖でベルトしてぇー」
うってかわってわざとらしくはっきりと発音する。
「南京錠で鍵してぇー、…途中でもらしました?
あははー、もらしちゃったのかー!! いいこいいこ」
うなづくのがかわいいー!! うなづくの恥ずかしいけど、
いやじゃないってかんじで。うん、きょうもいじめてあげるよ。




あれはすごかった。ジーンズぴちぴちで、もれたら、
かなり悲惨なことになる。電車代ぎりぎり持たされて、
でもグリセリンだから絶対漏らすから、電車なんて乗れない。
びちょびちょのジーパンで帰って… 鍵はちゃんと
届いてた… 
途中で路地の真ん中で思いっきりだして…
きもちよかった…



「……」
また沈黙が訪れる。
「……」
笑顔の店主。
「……」
長い沈黙の後…
「いじめて… くださぃ…
…ひどいこと… して…」
あ、今日は… 言えた… 言えた…

「ん?」
本当に聞こえなかった… 突然で、 …え?


「ぁ…」
恥ずかしい。ぞくぞくする。 …声、小さかった?
「…いじめ…て…」
あ、また 言えた

「ん。」
ちょっとびっくり
…かわいい…
…かわいいなぁ        
うつむいて、体がこわばって・・・
…がんばったね




ひとしきりニコニコした後、店主が何かをカウンターにおく…
* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。