このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2012-05-27 (Sun)
2012/05/27
いろいろしながらお風呂がたまるのを待っている。
どきどきしていた胸はだんだんおさまって、現実感が薄くなる。


命令してもらうのは二回目だから、慣れたかな…
初めての時ほど興奮してない。
すぐ慣れてしまう…
お仕置きのアイデアは、少し小出しにしてもらおう。
初めて読んだときの興奮はもうないと思う…
全部一気に読んでしまって、もったいなかったな…
一人でエッチなことしてると、すぐ慣れるからいやになる。

一人で妄想して…
変態な方に向いてしまって…
慣れていって…
歯止めがきかなくて…
奥まで突き進んで…
こんな風になってしまった…
全然いやではないけど…


洗面器一つしかない。
台所のボウルをもらおう…
新しいの買っておかないと…

湯船に浸かって、考えを巡らせて、手順を確認して、少し楽しむ…
ボウルにおしっこをして、排水溝のふたを外して、また浸かる。
上半身を洗い場の方に出して、水差しにおしっこを移す。
だいたい半分まで溜まるって、250ccくらい。
たくさん飲んだから、結構たくさん…
石けんを塗って、湯船の縁に片足をあげて、お尻に入れていく。
いつもと違って、ちゃんと中身を全部入れないといけない… 
お仕置きだから…
少しも残してはいけない…
ちょっとだけ空気が入るくらいに念入りに入れる。

苦しくないし、しみることもないけど、
量がそこそこで、気を抜きすぎると出てしまうから、少しだけ気をつけて…
グリセリンと水を、水差しに入れていく。
手持ちがあんまりなくて、200ccくらいにしかならなかった…

3分間まったりと、ゆっくりと数える。
髪を下ろしてから、洗い場に降りて、ボウルに出す。
思った通り、少ない。
腸の奥の方に入るから、なかなか全部は出てこない。
しばらくがんばって、膀胱に残ったおしっこも出てくるから足して…
お尻の入り口に降りてきたものを出して…
うんこのかけらがいくつか浮いている。
おなかの奥からドロドロのが出てくることも期待したけど…
おしっこを入れただけじゃ、そうはならないみたい…

ある程度の量になったらそこであきらめる。
しばらく出てこなさそうだし…
お尻にグリセリンをいれる。
今度は刺激がすごい…
だめ… 興奮する…
反射的に気持ちよくなる…
正座になって、指を流して、あそこをいじる…
たくさんしてもイかない位に優しく…
胸もいじる。
200ccだと、ちゃんと奥まで届くから、効く。
次にすることまでに、たくさん我慢しないと…

本当にきつくなって、湯船の縁に腕越しに頭をもたれさせる…
そうすると、気分が出る…
まっすぐ座ってられない感じで…
私の膝の前、顔の下に、汚いものの入ったボウルと洗面器…
においがすごい。
私の右手を内ももが締め上げる…
あと、5回ゴロゴロ鳴ったら始めよう…
悪寒が背中を支配する。
このまま、ふつうにイったら、絶対気持ちいい…

四回目に鳴った時がすごくて…
次まで我慢できないかも…
本当におなかが痛い…
口で汚いのを4回移すまでに出したら、もったいないから…
もう… しようかな…

ボウルを口に…
直接口にものを流し込むようにはできていないものだから、
すごく違和感がある。
縁が厚くて、口をつけにくい。
黄色くて、若干茶色がかった液体。
濃いおしっこって少しトロッとしている。
不快な塩辛さで… 味で、臭いことががわかる…
柔らかく歯を閉じて、クチュクチュする
(後で気づいたけど、クチュクチュは命令されてなかった…)…
クチュクチュは10回と決めて、洗面器に垂らすけど、とろみがあるから、
少し糸を引いてて…
そのまま二回目…

4回目が終わって…
全然おなかは平気だし…
もう少し我慢した後にすればよかった…
とりあえず出さなきゃ…

びっくりした。
おなかの奥のどろっとしたうんこがたくさん出た。
たくさん我慢したから、奥から降りてきたみたい…
正座してるから、足の間にたまる…

どうしよう…
液体しか出ない予定だったから、考えてなかった…
今出したものまでボウルに足してから、浴びた方がすてきだよね…
でも、さすがににおいがとれなくなりそう…
でも、せっかくだし…
人差し指から、薬指までで掬えた分だけ…
入れちゃったし… もう仕方ないよね…

ボウルに全部合わせて、少し攪拌しながら、逡巡する…
私の髪をなんだと思ってるの…
はぁ…

背筋を伸ばして…
髪を全部背中に回して…
下を向いて
(もしかすると、期待はずれかもしれないけど、
目にかからないようにしなきゃいけないから…)…
ちょうど頭のてっぺんのところにボウルの縁をつけて、慎重に、一気に流す。
後頭部に何か乗っかったのがわかる…
冷たいのが、髪全体に行き渡って、体を流れていって、
前髪の毛先からびっくりするくらい滴ってる。
量はあんまりなかったのに、上手に髪全体に染みこんだみたい…
確かに頭に汚いのが乗っかってるのがわかる…
頭に感じる重さに興奮して…
指先を流して、あそこをちょっと流してからいじる…
頭を動かせない…
落とさないように…

口の中には汚いのの残り…
下を向いて、垂らしただけだから、トロトロして塩辛いのが残ってる…
ずっと口を少し開きながらしてる…
このまま口の中が乾いたらすてき…

冷たいしたたりが、唇の端まで伝ってきて…
足がしびれるから、少し崩して…
床のドロドロのがすてき…
いいよね…
責任とってもらうし…
もうひとつかみ、髪に乗せてみる…
いっそう重くなって、興奮が膨れて…

濃いうんこの溶けた液体が髪に接してる。
染みこむ…
取り返しがつかないくらいに汚れる…
イメージが頭をおかしくする…
汚れた指先で、胸の先端をこする…
髪に染みこんだ液体が流れ出ていって、髪の毛が固まった感じにまとまっていく。
汚い液体に浸かって、半乾きになってる…
頭の上をさわってみると、本当に乗ってる…
ねっとりとした表面で…
イク寸前でいきんだら、おなかの中の残りが出た…


片付けが大変…
頭に重量感を感じながら、余韻に浸って…
とりあえず頭から落とす。
できるだけなじまないように、転がすようにするけど、
最後の方がうまくいかなくて、少しだけ塗り込まれた… 
最悪…

たくさんうがいして…
たくさん洗い流して…
いつもより多く、4回も髪を洗って…
シャンプーがもったいない…
念入りに…
もし、これでにおいが残ったら仕方ない…


湯船のお湯を排水溝に一気に流す。
排水溝の中の汚いのを流してしまう。

ボウルはエッチなこと専用にしなきゃ…
水差しはちゃんと洗って…

水差しは、手間をかけたから。
先端を切って、液が出るところを太くして、
爪切りで磨いて、コンロであぶって…
表面をなめらかにして…
※あんまり細いと、水の勢いが強くて、
粘膜を傷つけるから気をつけて…


次の日のメール(まだ報告してないとき)…
「『月曜までにおいが残ったらどうしてくださいます?』
とおっしゃっていますけど、そういうお仕置きです。」
だって…
わざと出して、一番ひどいことするのわかってたんだね…
私が変態なことをちゃんとわかってくれてる…
恥ずかしくて… すてき…


そんなに臭いは気にならなかった…
嗅いでみても、別に…
シャンプーの香りでごまかされてるのかと思ったけど…
次の日、あの子にそれとなく聞いてみたけど、
「別に…」
だって…


* Comment : (0) * Trackback : (0)
コメント







管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。