このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2012-10-15 (Mon)
実行してから、結構日がたってから書いたから…
清書したときには、結構冷静になってる…
ちゃんと覚えてて、ちゃんと書けるか心配。
公開したのは、書いてからずいぶん後のこと…


命令されてから、実行まで日が空いたのは初めてで…
今度の命令はタイミングを見ないといけないから、そうなることは分ってて…
きっと、すごくドキドキしながら実行までの日を過ごすと思ってたけど、そうでもなかった。



ただ酷いことを求めるのって、慣れていくんだね。
だって、私はその人のことをあんまり知らなくて…
メールでの命令は、その人自身を求めているわけではない…
私自信を求められているわけでもない…

メールで命令を貰うような、普通でない体験に舞いあがって、
色んな意味を付けて、感じられていた頃とは違うのかな…
もう、必要以上に心を揺さぶられることは無いのかも…

汚いこととか、そいうことをしたい気持ちを、
少し冷静にとらえられるようになったのかも…



でも…
時々スイッチが入るの。
命令自体が酷くて素敵だから…
普通に過ごしていて、命令を思い出してしまって…
胸の奥がうずくのを、慌てて制するの。

それと一緒に、「ネこ」に向けられた好意や意地悪も思い出してしまう。
私の欲望だけを知ってくれている人からの…
決して大きくはなくて、前のように誇張して感じようともしてないんだけど、
確かにうずきがある…
前は、それ自体が嬉しかったこと、それ自体に興奮していたこと…
頑張って意味付けしなくても、やっぱり興奮するんだね…
やっぱり、私ってそうなんだ…

特にね…
命令のためにお腹の中をたくさんためないといけないから、
お腹がきつくて、それのせいでスイッチが入ったりして…
思い出してしまう。

まるで、排泄を管理されているみたい…
本当にそうなら、それって素敵なこと。
それを疑似体験してるみたい。
自分の欲求のためにね…
あ、やっぱり意味を持たせてるね…



お腹が張って、痛くなってる。
昨日からずっと苦しかった…
何気なく、普段通りにトイレに行こうと思ってしまう…
お尻が刺激されると、そう思うのが普通だから…
反射的にそう思ってしまうんだけど…
そのたびに、「あ、そうだった…」とか思う。
出したらいけないんだった…
自然な感覚に抗うって、辛いの…
最後の方、実行の直前とか、そのたびに絶望感があったし…
先が長い。
この苦しさで、後一日だって思うと、すごく長い。
お腹の苦しさも、排泄できないことを思い出して絶望するのも、
私がお願いしたせい。
それに、実際には命令されていないこと…
ただ、私が追い込んでるだけなの…
今、私の心は欲望に踊らされていて…
理性や生理に責め立てられるの…
叱られるの…
私は、ただ謝るだけ。
苦痛を引き受けるのも、その責任を取るのも私…
泣きたいくらいに孤独…
誰も、私も、助けてくれない。
泣き言も聞いてもらえない…
お腹痛い…
気持ちいい…
思い出すたびに、惨めな気持ちになって…

そして…
一日予定が伸びて、また泣きそうになる…
今日はできないみたい…
また、明日一日我慢して過ごさないといけない。
こういうのをするのは、夜中って決めてるの。
もう、動くと物理的にお腹の中身を感じられる。
下腹が、若干膨らんでる。
最悪…
周りに気づかれてはダメだから、それもきついし…

昨日の昼とかに、わざと繊維質のものをたくさん食べた…
必要以上に…
まだ、その日にするつもりだったら、ドキドキしながら食べて…
コンビニに行って、一番甘くなさそうな野菜ジュースを買う。
一番左に並んでいるの。
一番繊維が入ってそうなもの…
それに手をかけると、妙に昂るの…
別に、そんなに影響もないんだろうけど…
自分を追い詰めているような感覚が、少しだけあるの。

そんなことして、ぎりぎりまで追いつめたのに…
後一日なんて…
ずっと苦しかったし…
ときどきズキっとして、動けなくなったし…



お腹を意識したり、スイッチが入ったり…
そんな風に生活してて、忙しさもあって…
ちゃんと愛想も振りまきながら、一日が終わって…
たくさんエッチな汗をかいて…

明日こそ、誰にも会わなくていい。
やっとできる…
これからすることの異常さは意識の外で、
安堵感が強い…

夜はあの子と過ごして、お別れ。
 -今日は帰るね。
家路につきながら、思いっきり意識するの。
やっとお腹のものを出せる。
そして、すごくエッチなことをする…
急に張ってた気持ちが転落する。
そして、やっぱり興奮もしてる…
お尻が急に辛くなってきて…
お腹を抱え込みながら、息が荒くて… 熱くて…
顔が、赤くないかな…
これが、今日の私の本当の姿なの。
ずっと隠して過ごしてきた…

家に着くまでに、すごくお腹が痛くなった。
こういうときに、お腹を意識すると必ずそうなる。
だから、ずっと考えないようにしてたの。
何日も抑圧してきたの… 辛かった…

もう、本当に出そう…
今日で良かった。
明日まで我慢するのは、絶対に無理。
もう…
後、何分も持たないくらい…

今日まで、割と平気だったのに、意識すると急にそうなって…
不思議。
平気でもなかったんだけど…

命令を確認する。
顔を拭きながら急いで…
ちゃんと解釈しとかないと、土壇場で落とし穴があったりするから…
微妙に手加減されてたりする所が差し触ったりもするし…
ちょっと、正常な思考が出来なくなってるかも…
もう限界で、焦ってるの…



服を脱ぎ散らかして…
道具を持って、お風呂場に掛け込んで…
蛇口をひねる。

もう少しだけ待って…
顔だけ洗わせて…
慌ててるのと、お尻から神経が刺激されてるので、指先が震える…
お風呂が溜まるまで待てない…
軽く体を流すだけ…

まず…
おしっこ出すんだよね…
ちゃんと、麦茶をたくさん飲んだから、きっとたくさん出る。
膀胱がいっぱいになってる。

「出なければ浣腸」って…
そんな悠長じゃなくなってる…
大体、「自然排泄」とか「出なければ」ってわざわざ書くのって失礼だよね。
すごく浣腸が好きな人みたいだし…
少し、反抗的、かな…

ボウルを置いて…
あ、おしっこだけ出すのってムリだ…
うわっ、すっごいのが出てきた。
片手じゃ受け止められないくらいに…
柔らかいのがたくさん。
うそ… なんで…?
柔らかいの…?

ソフトボールくらいの塊になってる。
おしっこも、黄色くて少し濁ったのがたくさん…
少し恥ずかしくなる…
命令されてるから…
報告しないといけないのに…
こんなに大きいのをするなんて…

お腹がペッタンコになって、軽くなった…
よかった、ちゃんとペッタンコだ…
久しぶりの、特大の解放感に、気持ちよくなって…
お尻の穴がひりひりしてる感じがして…
脚が少し震える… 
脚に力が入らないくらい気持ちいい… けど…

手のひらが重たくて、温かくて、手触りがすごくて、臭いも…
すごく柔らかくて、それでいてドロドロではなくて…
なんていうか… 凶悪なものが出た…
だって、一つの塊にまとまってしまってるし…
手のひらに、べったりとくっついてる。
これ、きっと逆さにしても落ちないよ…
肌に付いたら、しつこそう…



先ず… 
手のひらから汚されたんだね…
私を、こうしたかったの…?
また、少し反抗的…
まだ余裕があって、冷静でいられてる…
ここから先は解らないけどね…



今思えば、「出なければ」とか、素敵な言葉…
すっごく異常な状況で、少し素に帰れるような、そんな言葉。
私が望んだ、言い訳できないプレイの中で、
ちょっと反抗心を起こしてくれて…
反抗的に感じるほど、このプレイが自分が望んだことを思い出すの。
それが私を責めたてる…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2012-10-05 (Fri)
公開するけど、できれば…
メールしてる人とかには読まれたくないかも…

これって、ずっと前のことだからね…
ずっと前のことだから、なんとか公開できる…


また命令してほしくなってる。
最高に私の劣情を満たしてくれる人。
汚いこととか、露出とかね…
でも、それ以外には少し消極的で、そんな微妙な関係がお気に入り。

最近は当たり障りのない話題ばかりで…
もう、私に命令したくないのかな…
とか意味のわからないことも思って、そんなことも伝えたりして、
かわされたり、たしなめられたり、ちょっとだけ甘えたり、ふざけたり…
幸せ…

最近は、汚いこととかあんまり考えたりしてなくて…
私にとって、隠された世界になっていて、実感が無くなっていた。
それで、迂闊にも、気軽に命令を強くねだったりして、
ちょっと脈がありそうだと、漠然とドキドキしたりしていて…

私が今書いている話のことで話題が盛り上がってるメールに、
ほんの少し添えるようにして、私へのお仕置きの話が進行していって…

今回は長いメールをもらった…
割と真面目な内容で…
全然そんなこと匂わせない前半のあと、突然、
「さて。
いつでもお仕置きを望んでいる、ということでしたので、
予定より早めですが、ネこさんのすべきことをお伝えしておきます。」
あのね… 前回までのメールの流れだと、すごく唐突なの…

また不意打ちを食らって…
「ネこさんのすべきことをお伝えしておきます。」
にはもう耐性が付いていたみたいなのに…
心が燃え上がってしまった…
絶対に計画的だよね… ずるい… 悔しい…

命令の内容(以下抜粋)
準備…水差し、鏡

・お風呂場で、洗面器の中におしっこ。
・手の上に自然排泄。可能なかぎり手で受け止める。
(出なければ、おしっこの半分を水差しに入れて浣腸。頃合いを見て手の平に排泄)
・出したものから一番硬そうなものを選び、口紅のように唇に塗る。
・自分の顔を鏡で確かめる。さらに鏡を見ながら、汚いものを両頬に塗る。
・唇に塗ったものを舐め取る。
・味に慣れたところで、口いっぱいに汚いものを入れる。
・手に付いた汚れを体中に塗る。
・二分我慢して口の中のものを吐き出す。
・おしっこで口をゆすぐ。
・残ったおしっこを頭からかぶる。
・そのまま二十分過ごす。
(以上抜粋)

そして、そのあと、
「では、頑張って下さい。」
だって…
二番煎じで…
これはもう通用しないよ…

でも、もし毎回そう書かれたら…
命令のテンプレートみたいになって…
頻繁に、気軽に命令されたりとか…
そんな風に妄想すると嬉しくて、興奮するかも…

本当に、なんでこんなに私と相性がいいのかな…
って言うような命令…
それに、私を溶かす言葉の使い方が上手になってきてる…
書かれていることをしている私が、素敵過ぎる…

これは、今の感想(これを書いたときね…
公開したときには、もう過去の話…)。



初めて読んだときには、絶句した…
最低の命令。
悔しくて、涙が出そうになる…
思い切り抗議したい…
どうして、こんな酷いことさせるの…?
自分自身で、丁寧に、念入りに私を汚していくの…
たくさん汚したのに、さらに追い打ちをかけるの…
絶対に臭いが取れなくなって、そんな体で生活しないといけない…
逃げ場も、救いもない…

そんな気持ちをぶつけても良いかな…?
たくさん悪態をついても良いかな…
私が最低なのに…
私が熱望したのに…
私が、なのに…

そんな私の甘えを受け止めてくれるかな…?

それはまだやめておこう…



私がこんな風に思えるなんて…

命令してもらうのは、私の願望、劣情でしかなくて…
たくさん汚れたくて、見てほしくて、強制されて一線を越えたくて、
もっとひどいことできるようになるために命令してもらって…
そんなこと分ってて…
私の絶望的な変態さに興奮していたのに…
前は酷い命令されても、甘えるように非難したいなんて思わなかった…
そんなに甘えようなんて発想が無かった…

今は、素直に命令 -私への依頼、私にぶつける欲望- として受け止められた、の…?
私を期待してくれてる…
それを疑わずに、すんなりと謙遜せずに、受け入れられた、のかも…
だから…
私を汚して楽しんでくれることを非難できた、のかな…
なんか素敵…



「非難したい気持ちでいっぱいです。
ちょっと甘えてもいいですか…?」
みたいに柔らかく返信したら、
「受け入れてあげますよ」
的なことを返信されて…
ちょっと残念。
もっと苛めてくれたらいいのにな…

「ネこさんが望んだことですよね?
違いましたっけ?
嫌ならしなくても良いんですよ?
忘れっぽいネこさんには、ちゃんと毎回教えてあげないといけませんか…?」

とかが最高かな…?
そんなこと言われたい。

両手を肩に回して、ギュってしたくなる…
体を抑えないと…
心が暴れそうになる…
そうやって、やっと興奮を抑え込むの…
そんな命令…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2012-05-27 (Sun)
2012/05/27
いろいろしながらお風呂がたまるのを待っている。
どきどきしていた胸はだんだんおさまって、現実感が薄くなる。


命令してもらうのは二回目だから、慣れたかな…
初めての時ほど興奮してない。
すぐ慣れてしまう…
お仕置きのアイデアは、少し小出しにしてもらおう。
初めて読んだときの興奮はもうないと思う…
全部一気に読んでしまって、もったいなかったな…
一人でエッチなことしてると、すぐ慣れるからいやになる。

一人で妄想して…
変態な方に向いてしまって…
慣れていって…
歯止めがきかなくて…
奥まで突き進んで…
こんな風になってしまった…
全然いやではないけど…


洗面器一つしかない。
台所のボウルをもらおう…
新しいの買っておかないと…

湯船に浸かって、考えを巡らせて、手順を確認して、少し楽しむ…
ボウルにおしっこをして、排水溝のふたを外して、また浸かる。
上半身を洗い場の方に出して、水差しにおしっこを移す。
だいたい半分まで溜まるって、250ccくらい。
たくさん飲んだから、結構たくさん…
石けんを塗って、湯船の縁に片足をあげて、お尻に入れていく。
いつもと違って、ちゃんと中身を全部入れないといけない… 
お仕置きだから…
少しも残してはいけない…
ちょっとだけ空気が入るくらいに念入りに入れる。

苦しくないし、しみることもないけど、
量がそこそこで、気を抜きすぎると出てしまうから、少しだけ気をつけて…
グリセリンと水を、水差しに入れていく。
手持ちがあんまりなくて、200ccくらいにしかならなかった…

3分間まったりと、ゆっくりと数える。
髪を下ろしてから、洗い場に降りて、ボウルに出す。
思った通り、少ない。
腸の奥の方に入るから、なかなか全部は出てこない。
しばらくがんばって、膀胱に残ったおしっこも出てくるから足して…
お尻の入り口に降りてきたものを出して…
うんこのかけらがいくつか浮いている。
おなかの奥からドロドロのが出てくることも期待したけど…
おしっこを入れただけじゃ、そうはならないみたい…

ある程度の量になったらそこであきらめる。
しばらく出てこなさそうだし…
お尻にグリセリンをいれる。
今度は刺激がすごい…
だめ… 興奮する…
反射的に気持ちよくなる…
正座になって、指を流して、あそこをいじる…
たくさんしてもイかない位に優しく…
胸もいじる。
200ccだと、ちゃんと奥まで届くから、効く。
次にすることまでに、たくさん我慢しないと…

本当にきつくなって、湯船の縁に腕越しに頭をもたれさせる…
そうすると、気分が出る…
まっすぐ座ってられない感じで…
私の膝の前、顔の下に、汚いものの入ったボウルと洗面器…
においがすごい。
私の右手を内ももが締め上げる…
あと、5回ゴロゴロ鳴ったら始めよう…
悪寒が背中を支配する。
このまま、ふつうにイったら、絶対気持ちいい…

四回目に鳴った時がすごくて…
次まで我慢できないかも…
本当におなかが痛い…
口で汚いのを4回移すまでに出したら、もったいないから…
もう… しようかな…

ボウルを口に…
直接口にものを流し込むようにはできていないものだから、
すごく違和感がある。
縁が厚くて、口をつけにくい。
黄色くて、若干茶色がかった液体。
濃いおしっこって少しトロッとしている。
不快な塩辛さで… 味で、臭いことががわかる…
柔らかく歯を閉じて、クチュクチュする
(後で気づいたけど、クチュクチュは命令されてなかった…)…
クチュクチュは10回と決めて、洗面器に垂らすけど、とろみがあるから、
少し糸を引いてて…
そのまま二回目…

4回目が終わって…
全然おなかは平気だし…
もう少し我慢した後にすればよかった…
とりあえず出さなきゃ…

びっくりした。
おなかの奥のどろっとしたうんこがたくさん出た。
たくさん我慢したから、奥から降りてきたみたい…
正座してるから、足の間にたまる…

どうしよう…
液体しか出ない予定だったから、考えてなかった…
今出したものまでボウルに足してから、浴びた方がすてきだよね…
でも、さすがににおいがとれなくなりそう…
でも、せっかくだし…
人差し指から、薬指までで掬えた分だけ…
入れちゃったし… もう仕方ないよね…

ボウルに全部合わせて、少し攪拌しながら、逡巡する…
私の髪をなんだと思ってるの…
はぁ…

背筋を伸ばして…
髪を全部背中に回して…
下を向いて
(もしかすると、期待はずれかもしれないけど、
目にかからないようにしなきゃいけないから…)…
ちょうど頭のてっぺんのところにボウルの縁をつけて、慎重に、一気に流す。
後頭部に何か乗っかったのがわかる…
冷たいのが、髪全体に行き渡って、体を流れていって、
前髪の毛先からびっくりするくらい滴ってる。
量はあんまりなかったのに、上手に髪全体に染みこんだみたい…
確かに頭に汚いのが乗っかってるのがわかる…
頭に感じる重さに興奮して…
指先を流して、あそこをちょっと流してからいじる…
頭を動かせない…
落とさないように…

口の中には汚いのの残り…
下を向いて、垂らしただけだから、トロトロして塩辛いのが残ってる…
ずっと口を少し開きながらしてる…
このまま口の中が乾いたらすてき…

冷たいしたたりが、唇の端まで伝ってきて…
足がしびれるから、少し崩して…
床のドロドロのがすてき…
いいよね…
責任とってもらうし…
もうひとつかみ、髪に乗せてみる…
いっそう重くなって、興奮が膨れて…

濃いうんこの溶けた液体が髪に接してる。
染みこむ…
取り返しがつかないくらいに汚れる…
イメージが頭をおかしくする…
汚れた指先で、胸の先端をこする…
髪に染みこんだ液体が流れ出ていって、髪の毛が固まった感じにまとまっていく。
汚い液体に浸かって、半乾きになってる…
頭の上をさわってみると、本当に乗ってる…
ねっとりとした表面で…
イク寸前でいきんだら、おなかの中の残りが出た…


片付けが大変…
頭に重量感を感じながら、余韻に浸って…
とりあえず頭から落とす。
できるだけなじまないように、転がすようにするけど、
最後の方がうまくいかなくて、少しだけ塗り込まれた… 
最悪…

たくさんうがいして…
たくさん洗い流して…
いつもより多く、4回も髪を洗って…
シャンプーがもったいない…
念入りに…
もし、これでにおいが残ったら仕方ない…


湯船のお湯を排水溝に一気に流す。
排水溝の中の汚いのを流してしまう。

ボウルはエッチなこと専用にしなきゃ…
水差しはちゃんと洗って…

水差しは、手間をかけたから。
先端を切って、液が出るところを太くして、
爪切りで磨いて、コンロであぶって…
表面をなめらかにして…
※あんまり細いと、水の勢いが強くて、
粘膜を傷つけるから気をつけて…


次の日のメール(まだ報告してないとき)…
「『月曜までにおいが残ったらどうしてくださいます?』
とおっしゃっていますけど、そういうお仕置きです。」
だって…
わざと出して、一番ひどいことするのわかってたんだね…
私が変態なことをちゃんとわかってくれてる…
恥ずかしくて… すてき…


そんなに臭いは気にならなかった…
嗅いでみても、別に…
シャンプーの香りでごまかされてるのかと思ったけど…
次の日、あの子にそれとなく聞いてみたけど、
「別に…」
だって…


Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2012-05-27 (Sun)
2012/05/27
毎日のメール。
共通のエッチな趣味、ちょっと違うけど、近い。
いろんな話…
ちゃんと聴いてくれる。
真摯に、忌憚なく返してくれて…
楽しい… 
そんな人。


本当にごめんなさい…
悪いことした…
今度は、本当に悪いこと。
「お仕置きしてください…
エッチな命令をくださるというのは、私を喜ばせるだけですし、
考えてくださるのもご負担になりますので、
そういうのでないものでいいですので…」
お仕置きの話題は最近は全然してなかった…
私がほしいといっていた文章や、言葉をもらえなかったり、
しかられたり、しばらくメールをもらえなかったり…
そんなことかな…

-返信…
いつもと変わらない砕けた内容。
お仕置きは…?
最後に
「お仕置きは、改めてお送りしようと思います。
ではまた。」
え…?
エッチなお仕置き…なの?

-ご負担ではないですか?
エッチなものでなくても…
もしかして…
私にさせたいと思ってくださるんですか…?
もしそうでしたら、すごくときめきます…

-返信…
挨拶、紹介されたCDについてのこと、私の文章に対しての感想…
すごく長いメールで、うれしい。
…お仕置きは…?
私の文章の誤字の指摘の後、突然…
「そして、ネこさんがしなければならないことをお伝えします。」
急速に鼓動が高鳴って、
背筋から目元までが熱くなる…
そんな言葉… ずるい… 素敵すぎる… 溶けそう…
これはお仕置き、エッチなプレイではなくて…
こんなエッチなことになったのは、私が変態だから…
私の意志に関係なくお仕置きはしなくてはいけない、自分で…
素敵なおじさまからのしつけ… 変態なのは私…
ちゃんと私がするのはわかってる… すごくエッチなのを知ってるから…
そんな言葉。
それに、私にさせたいんだ…
私が頼んだからじゃなくて… 望んでくれてるんだ…

お仕置き、のアイデアが沢山…
一応、そのうち一つを私が選んでするという暗黙の了解がある。
それぞれ違うアイデアを9個… 
うれしい…
考えてくれたんだ… こんなに沢山…
どれも素敵で、私にふさわしい、最低のもの…
二つめのお仕置きが一番素敵。


・二つめのお仕置き、ルール(以下抜粋)
準備…水差し、イチジク浣腸2個、洗面器2個

・洗面器を二つ用意
・お風呂場で、お尻に大量のおしっこを浣腸する。
・3分間我慢。
・片方の洗面器に排泄。
・空になったお尻にイチジク浣腸を2個入れる(等量のグリセリン希釈液でも可)。
・洗面器に出したものを口に含んで、もう一方の洗面器に吐き出す。
・これを、まずは5回繰り返す。
・さらに、元の洗面器の中身を、すべてもう一方の洗面器に移すまで続けられれば、洗面器の中身は胸の辺りから浴びるだけでよい。
もし、途中で苦しくなってやめたり、浣腸の苦痛に耐えきれずに出してしまった場合は、洗面器の中身を全てまとめて、頭からかぶる。
・汚れた状態で3分間過ごす。
・お尻の中のものを出して終了。
(以上抜粋)


内容も酷くて、罰ゲームがあるのが素敵…
口で移すのは、4回目で漏らしてしまえば、一番酷くなるね…
(※間違えてた… 「5回できなかったらお仕置きとして…」だと思ってた… うっかり…)
汚いのを頭からかぶるのはしてみたかった…
でも、イチジク2個って…
ほとんど永久に我慢できるし… 微妙…
この辺手加減されるんだよね…
「等量のグリセリン希釈液」… 
グリセリンと水が等量、とも読めるよね…?
ちょっと強引だけど、これで…


ほかのアイデアも本当に酷いものばかりで…
そして、最後に、
「では、頑張って下さい。」
って… それだけでメールは終わり…
またときめく。
全然強制してない… 命令してない…
もちろんするし… したいし… 
わかってるんだね…
君がすごくエッチだってこと知ってるよ… ってこと…?
これ以上ない素敵な言葉…


今からしたい…
今が一番興奮してるし、次の日が休みだから…
においがつくプレイだし…
ただ… さっきおしっこしたばかり…
今日は、うんこしたし…

冷蔵庫を開けて、麦茶を3杯飲む。
のど乾いてないし、2杯目からきつい…

返信する…
「どれも素敵でした。
二つめのお仕置きでいいですか?
というより、今からします…
においが残ったらどうしてくれます…?
『等量のグリセリン希釈液』というのは、何が等量なのでしょうか?
水と、グリセリンが、ですよね?
じゃあ、いくら入れてもいいですね?
沢山入れますね… 」

お風呂の蛇口をひねる…
お仕置きの始まり…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2012-05-07 (Mon)
2012/05/07
メールをやり取りしている方に迷惑をかけた…
素敵な感性とアイデアを持っている方… 親しく話を聞いてくれる方…


//
お仕置きとかしません…? そういうのも面白いと思いませんか…
メールで命令を頂いて… なんて…
遠慮されてるんですか?… 残念ですね…
ホントにしてほしいとか、思ってたりして…
ご心配なんですか?… お願いします…
本当は冗談ではないんですよ…
本当ですよ… 期待してるんですよ…
そうですね… 命令というより、アイデアをください… それだったら…
して下さるんですか? ありがとうございます
本当に、すごくうれしいんですよ。 夢みたい…
本当にアイデアをくれた… やった…
命令、してもらっちゃった…
どうしよう… ドキドキする…
//

たくさんくれたアイデアのうち、
このアイデアが多分一番酷い… 一番私好み…
これでいいですか…?
次に私が何かしでかすまで、アイデアは受け付けませんよ…?
本当にこれでいいですか…?
やった…
ちゃんと私に合わせてくれた。
そしてこれは、あくまでもアイデアをもらっただけ…

私の選んだもの…
- ルール(以下抜粋) -
・100円ショップなどでビー玉を買ってくる(10個入りくらいのもの)
・お風呂場にビー玉を持ち込む
・唾液を絡めつつ、一つずつお尻に入れる
 (とりあえず5個入れ、大丈夫なら8個、10個と増やす)
・洗面器の中におしっこをする
・入れたビー玉を全て洗面器の中に出す
 (中に入れた数と、出てきた数が同じになっているか確認)
・出したものを三つ口に入れ、1分間舐める

後始末…洗口液を使って複数回口をゆすぐ。ビー玉は再利用するなら、キッチンハイターなどで消毒しておく
(以上抜粋)


読んでるそばから、興奮して、恥ずかしくて、モニタの前で顔を抱え込んでしまった…



 読んだ瞬間から、トイレに行かない決心をする…
おしっこも、うんこも結構たまってる…
今日、するのかな…?
うん、今日しよう…
ビー玉は… ある… 良かった… でも、9個… いいか…
お風呂の蛇口を開く… こんな時間に…
プレイの開始。
プレイの時に湯船にお湯がないと嫌… 
一人でするの、久しぶり…
部屋で、ベッドに腰かけて、後ろに倒れこむ。
額に腕を当てて、蛍光灯をぼんやりと眺めて…
最近変なことしてなかったから、現実感が薄い。

胸を少し弄る…
ブラをずらして、シャツの上からこする…
うぁ…
気持ちいい…
両胸をいじって…
切なくなる…
すごい… 気持ちいいよ… どうしよう… そんな… 刺激が強いよ…
命令してくれたんだ…
ホントに…
やった…
私、命令されて、強制されてる…
はぁ…
もう、お風呂、いいよね…


 とりあえず、湯船につかる…
唾液だけだから、あんまり滑らないよね…
でも、ビー玉くらいなら入るかな…
胸を弄ってる…
洗面器はこれでいいね…
準備はいいよね…
湯船を出て…
しゃがみこんで…
ビー玉を口に含む。
できるだけ、唾液がたくさんつくように、指に垂らす。
お尻に…
お尻の穴の筋肉をなかなか超えてくれない…
ちょっと指先で押しこんでやらないと…
唾液だけだと、少し摩擦が残る…
二個目…
大変なことに気付いた…
指先は、お尻の穴を弄ったところ。
その指先で、次のビー玉を持ったら、口に汚いのを入れないといけない…
もう… 意地悪な命令… すえた臭いが少しだけあるよ…
解決策はあるんだよ…
でも、やっぱり汚いものと一緒に口に入れるよ…
五個目位から、入れようとすると、ガラス同士をこすってるような抵抗を感じる…
九個目とかは、もともと入ってるビー玉の隙間に入っていった…
おしっこする。
今日のプレイで一番いいところ…
たくさん出る… 黄色い…
ビー玉を出す…
小さいものを出すのって、変な感じ…
出した感じがしないのに、洗面器に音が響く。
五個目位を出すと、期待通り… 小さなうんこが浮いてる…
やった…
七個目くらいになると、ビー玉についてきてる。
九個目は、うんこの塊と一緒じゃないと出なかった…
洗面器の中は、汚いことになってる… 
悲惨なことになってる、と心の中で発声すると、心地いい…
うんこと、おしっこと、ビー玉の洗面器を揺らして、撹拌しなきゃ…
してもいいよね…?
きっとさせてくれるよね…?
だんだん濁ってきて…
沢山うんこが付いたものから三つ、口に入れる。
もちろん、ついてる液を切ったりしないで…
うーっ…
汚いのが口に入ってきた…
相変わらず、すっごい味…
指を洗って…
洗面器に、水が入らないように洗わなきゃ…
口に汚いのを入れると、反射的に興奮するのは変わらないんだね…
中指を、割れ目の形に押し付けて、擦る…
一分…
秒を数えていく…
このくらいゆっくり数えれば、一分より短くはならないよね…
ビー玉についた汚いのはちゃんと掃除しないと…
うわっ… 全然取れない…
まとわりついて…
舌でこそぎ取ろうとすると、ビー玉にくっつたまま移動していく…
汚れが広がっていく…
ビー玉三つも口に入ってって、スペースもないし、
唾液もひっきりなしに出てくるから、頬が膨らんで内容物が多くなって…、
出せないし、飲み込むのは嫌だし、やりにくい…
強くこそぎ取ろうとすると、舌に強く押し付けられるし…
意地悪…
こそぎ取っても、少し残るから、歯で削らないと…
んー!!
八重歯に、うんこがこびりついてる!!
いつの間に…?
これも全然取れないし…
後始末、大変だな…
ビー玉を口から出して、口の中の液を垂らしたら、思ったよりも濁ってる…
大した量のうんこは入れてなかったのに…
長く入れてたから、よく溶けたんだね…

軽くイってから、お片付け…
歯を磨いて、ビー玉を洗って、身体を洗って…
髪も洗って…
今日二回目…
また歯を磨いて、上がってからもたくさん磨いて、たくさんうがいして、きりのいいところで、
思い切って紅茶を飲む。
それで終わり…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。