このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別記事の管理2013-08-19 (Mon)
【撮影の話の設定は…
女の子に酷いプレイの場を与えて撮影するサークルがあって…
素敵なプレイの餌に釣られてモデルになってしまうって言う話… かな…
撮影計画とかまったく知らされない…
されるがままで惨め、だけど逃れられない… かな…

この話は二つ目の作品の撮影。】

うつ伏せに倒されてる。

目隠しを取られると、斜め上から照らされた光が眩しい…
思わず左に目を逃がす。
目が開かない… 慣れるまで待たないと。
痛い目の裏を我慢して、薄目を開けて… 
スタンドライトに作られた私の影をやっと認識する。
照明はあんまり明るくはないみたい。
光源は一つ… 土足の床…?
裸の肌に冷たくて、少し砂っぽい。
私の前に、金属のボウル…? ちがう… 皿、かな…
皿だとしたら、大きい… 
腕は背中… 縛られて動かない…

やっぱり皿だよね… 
ああ、ペットに餌をやるやつか…
どうせ汚いものを食べさせるんでしょ…
大きいし… 沢山入れて、絶望した顔を撮るんだね…
口が直に皿に入って… 唇も頬も汚れて、みっともなく… 食べるんでしょ…
いいよ。たくさん撮って…

… 
部屋の隅、三脚にビデオが乗ってて、私と目が合って…
三脚に乗ったビデオは目と同じ… 人と同じ…
容赦なく、瞬きすらせずに私を撮り続ける、人よりも純粋で、酷いモノ。
そんなにじっと見ると恥ずかしいよ…
小さな赤い光が、残酷に私を苛む。
最低のことをしている私を撮ってくれる。
最低のことをしている私は、エッチな快感を貪ってるんだよ。
そんな最低の私を撮って…

ゆっくりと膝を立てて、起き上がろうとしたのに…
革のかたい靴が、踏みつけてくれる。
髪の毛と靴の間に挟まった髪の毛が引っ張られて、痛い。
顔に掛かってくる髪、歪に床に押し付けられた頬、唇…
長く踏んでくれてる… よだれが口から漏れてくる…

「今から12時間一人で過ごしてもらうからね。
この部屋で。」

顔は床に押しつけられて、お尻は突き出た格好で投げられる言葉…
12時間ね…



お尻がいじくられる。
冷たいものが掛けられる。 ぬるぬるしてて、優しく扱ってくれる…
だんだん太くなっていくものが入れられていく…
中で、膨らんでいく… 
栓、するの…?
きっと浣腸もするんだね… 出せないんだね…
グリセリンだったら苦しいよ…

「それまでに、全部食べててね。
床も皿も、綺麗にするんだよ。」

小さな皿から、ドロッとしたものが入れられて…
凄い臭い… 饐えたアンモニアの臭い…、に色々混ざってる…
量は多くないけど… 赤くて、黒くて、少し緑色の暗色。
皿の横に、透明なボウルが置かれて、横にグリセリンが置かれる…

人が歩いてきて来て、しゃがんで…
たくさん出してる… 
さっきのドロッとしたのを覆っていく。
嘘みたいにたくさん…
ずっと溜めてたみたい…
おしっこも…

「あとふたりいるからね。」

そう…
あんな大きな皿がいっぱいになった…

「皿はちゃんと舐めて綺麗にしててね。」

透明なボウルにグリセリンと水が入れられてる…
ボトルの半分くらいずつだから、500cc位。
やっぱり、12時間苦しまないといけないんだね…
お腹に、集音機が貼られて…
最高に苦しくなった時になる音を、ちゃんと録ってくれる。
一体何回鳴るのかな…
お腹が鳴るのが少し楽しみかも…
ちゃんと聞いて…
へー… カメラは3台あるんだ…
安心だね。
ちゃんと食べてなかったら、また12時間やり直しね…
大丈夫、ちゃんと食べるよ。
酷い… お皿、蹴りこぼしていってくれた…
床にぶちまけられる…



鍵掛けられた… 暗い…
オレンジ色のスタンドライトに照らされたうんこと、 少し茶色くなったおしっこ。
腸の中が気持ちよくなってきて、
目の前のものが汚くて、臭くて…
頬が熱くなって…

おもいきり前かがみでうんこを一口かじる…
やわらかくて、綺麗に歯型に切り取られてくれる。
唇に付かないように、歯をむき出して…
歯の間で浮かせて… 
温度とか、味とか、感触とか、 感じたくない… けど…
ほのかに温度を感じて… 凄く臭い…
ゆっくりと、舌に乗せていく…
私の舌の真ん中を窪ませて、切り取られたうんこが乗ってる…
息が荒くなってる… 
取り返しが付かなくなる…
汚いことする…
ビデオ… ちゃんと赤く光ってる…
撮ってくれてる…
おかしくなれる…

思い切り奥歯で噛むの…ゆっくりと…
内頬に付いちゃう…
舌にも塗られていく… 浸み込んでいく…
味や感触を感じる粘膜にまとわりついていく。
最悪… 吐きそう…
粉っぽくて、ぬるっとした液体になっていく…
頑張って唇を閉じる…
口腔の粘膜全体で感じる。
餌付いて、食道がせりあがる…
涙が浮かんできて、鼻の奥がつんとする…
私、苦しんでる…
お腹が沁みてる…
顔が熱い… 鼓動が大きい…
目を閉じて…
快感に震える…

お腹が苦しい…
背筋が冷たくて、冷や汗が出てる…
お腹の音、たくさん録ってくれる…
本当にたくさんの汚いものがある…
床も舐め取らないと…
最初に入れてくれたの、なんだろう…? 
きっとすごく汚いものだよね…
どうなるんだろう…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2013-08-18 (Sun)
【みんな、みているだけなんだよね…】

いつになったら出していいんだろう…
浣腸されて、バルーンで栓をされて…
どれくらいたったかな?
撮影の計画ではどのくらい我慢することになってるんだろう…
私の視界には裏路地の標識、カメラ、ガードレール、民家、スタッフの人、下を向いたら、
膝上のミニスカート、その下からぶら下がるバルーンのチューブ…

限… 界…
お尻が拡がる。
膨らんだバルーンを押し出そうとして肛門が盛り上がる。

出ない… 出ない…
ハッ… ハッ… ハッ…

涙が止まらない。
鼻水もすごい。
汗が目にしみて、髪の毛もめちゃくちゃだろう…
気分が悪い。吐きそう。
おなかを抱え込んだ腕は目に入る汗を拭うことも忘れている…
足を前に出すとお腹が破裂しそうな激痛がする…

歩かないと…
あぁ… あ… はっ…

一歩で足半分くらいしか動かない…
何か踏んだ? どうでもいい…
確認する余裕がない…
また… お尻が… 盛り上がって…

だせないよう…
だせ… ないーーーっ!!

何度目の波だろう…
最初は考えないことにしていた…
いつ出せるかなんて…
いつまでも我慢するつもりでいた…
でないとつらすぎる。
そんな小ざかしい理性なんて何回目かの便意の大波で流された。
後は開放を求めて思いっきりいきむだけ。
そのたびにバルーンに押し戻されてのた打ち回る。
私の切実さは手のひらほどのバルーンに嘲笑われる…

腸の奥のほうまで液がとどいてるんだろう…
もう気持ちよさなんてない。
肛門ではなく内臓のプレイ。
プレイというより病気。
ベッドに寝ているのなら置かれている状況に思いを巡らせられるかも知れないけど…
歩かなくてはいけない… 
お腹の痛みが、神経を伝って足先に不快感となって襲ってくる。
寒気が内股を通っていく感じ…
また何か踏んだかも…
確認する余裕もない
汗がのどを伝って痒い…
拭けない…
躓いたら起き上がるのが地獄だろう…
気をつけないと…

歩けているのが不思議…
いつになったらだせるの?

Return

* Comment : (2) * Trackback : (0)

ゆう。さん… * by ネこ
実体験…
強ち、違うとも言えない…

…ねぇ? * by ゆう。
これって 実体験? リアルすぎて



濡れた

個別記事の管理2013-08-10 (Sat)
【恥ずかしいことが記録に残される。
沢山の人に見られる…
そんな話。】

来た…

玄関の戸が開く音。
開いたまま固定する音。
靴を脱ぐ音が沢山…

部屋のチェーンは外しておいた。
寝巻きの私は、ベッドに座り…
目が覚めて2時間くらいこうして…
下着だけが濡れて、乾いて、また濡れて…
黄色と白の固まった愛液が
ショーツにこびりついて…
恥ずかしい…

スタッフが撮影機材を準備している。
部屋にあがり、準備を始めた。
スタッフ同士、やり取りをしながら手際がいい。
砕けた空気で、冗談のやり取りも聞こえる。
先週の飲み会… 友達… テレビの番組…
私の知らない世界の話が交錯している。
所在の無い私は寝巻のまま小さくなって…

準備が整ったのだろうか、
初めて、私が主役になる。
「今日は、これだけ使うからね。」
カメラのフレームの中に、グリセリンが10本と私が映る。
グリセリンは一本500cc。 
今日、初めてかけられた声。
少しだけうなづく私は、どんな顔をしているのだろう。
映っている、見られている、いろんな人に見られる。
私にグリセリンが使われることを宣告される。
おぞましい行為がされるのはわかっている。
すごい量。期待している。変態だ…
そんな顔。

私の周りを回るカメラ…
「脱いで、アソコ見せて。」
ひとしきり撮られた後、寝巻きを脱いで腰を突き出した。
座ったまま脚を開いて、ひざの下から指でアソコを開いた。
お尻の穴も映ってる…
洗ってないのに…
きっと垢がいっぱい。
ショーツを裏返して、アソコにあたる部分を見せるように持たされる。
うつむきたい… 目をそらたい…
でも、カメラを見つめないといけない。
体が熱い。ゾクっと快感が走る。鼓動が
速くなって胸が苦しい。

「今日の予定は…
先ず、1L入れて30分我慢して、
お出かけ。歩きながら出してもらって、
出したのはペットボトルに入れて飲んでもらいながら

ゲームをしてから…

その後、バルーンで2時間我慢してもらって



淡々と予定が述べられていく。
信じられない内容…
私に最低のことをさせる予定。
私は、聞かされるだけ、
返事はしなくていい…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。