このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2014-12-21 (Sun)
最後

「そこから、一つ口に入れて下さい。」
私の右手はこの人の頭、左手は腰から外した棒の根元を優しく包む…
この人の指先が洗面器から、氷くらいの塊を唇に運ぶ…
そう、そのくらいのやつがいい… よね…

口の中を撹拌する。
今度は、浅いところ、内頬、舌全体、そのあたりで暴れる。
奥まで入れるのはときどき…
大方の期待を裏切って、頬にかたまりが押しやられて、棒はその表面を滑って行くだけ。
本当に口の中を汚いものでぐちゃぐちゃには出来ない。

この人の中の私は、きっとそれを望んでいる。
だって、さっきと違っていろいろ頑張ってる。
出来るだけ口全体が濃く汚染されるように…
もごもごして… 舌を働かせて…
好き勝手に動いている私の左手をサポートしてるつもりかな…

私にとっては…
私のコレが口の中を暴れまわって、口の中には私に言われて自分で入れた汚いもの、
それだけで十分なんだけどね。


「抜きますよー」
唇が表面に付いた汚いものをこそぎ取ってる…
偉いね…
「よーく噛んで下さいね。
はい、開けて。」
少し上向きの口の中、茶色く淀んだ唾液。
小さな塊が浮いてて、わずかにとろみがあって…
少し泡立ってる。

「もっとちゃんと溶かして下さい。
うがいもして…」

我慢できなかったみたい…
えづいて、少し吐きだした…
「だめですよ。
ちゃんと啜ってください。」
あ、意外と器用…
口の中を残しながらちゃんと床を掃除できてる…

「美味しい?」
首振ってる…
「嬉しい?」
うるんだ目がうなづく…
「気持ちいい?」
うん、それでいいよ…

飲み込んで良いですよ。
思わず頭を撫でてしまう…
相好が崩れる…

「今度は、固形のを入るだけ入れて…」
はい、アーン…
開いた唇の輪の中に、茶色い壁ができて…
右手を繰ると、私のが埋まっていく…
飲み込んで下さいね…
行き場の無い分が隙間から押し出される…
せき込んで… 悲惨…
多分、体のいろんなところに汚いのが飛散してる。
私は止まらない…
私の手の動きがゆっくりなのは、私が変化を楽しみたいから…

「口から洩れた分と、残った分は髪に塗り込みますからね。
その後、ラップして、ドライヤーをあてます…」

ちょっと手が込みすぎてるかな…
なんでそこまで手間をかけてあげないといけないんだろ…?
可愛いから仕方ない…

「じゃあ、ラップとドライヤー取ってきますから、ちゃんとしといて下さいね。」
おかしなせき込み方をしてる…
自分では止められないような、喉の粘膜が痛むような、そんな湿った咳…
ペタンと座り込んだまま、うなだれて、震えてる…

軽く自分の身体を流して、しっかりと蛇口を閉める。
シャワーの位置を確認して…
道具も引き上げる。

バスルームを出ると、澄んだ空気に、自分の体臭が気になる。
今日は汚いまま帰らせて、明日も来させよう…
お湯だけで軽くすすいであげるのが良いかな…
もっと汚れたままにできるアイデアは無いかな…
でも、それが落としどころかな…

いっぱい乾かして…
その後は放置しよう。
一時間くらい…
明日で臭いが取れるかな…
楽しみ…

ドライヤーとかラップとか、あんまり意味無いかな…
まあ、気分がでるから良いか…



「ちゃんとできました?」

うわっ…
これ、絶望的だよ…
べったり固まった髪の毛…
しっかりと絡んでるし、艶が無くなってる…

「ラップしますから、動かないでくださいね。
あ、胃の中のものは洗面器に出して、身体に塗って下さいね。」
うわっ…
気をつけないと汚いのが私にまで付く…

「じゃあ、一時間したら完成です。」
ラップがぐちゃぐちゃの頭、憔悴して縮こまった体、茶色く汚れて…
うん、割とゴミっぽい…
なかなかの完成度…

バスルームの外、閉じたドアの左のエアコンのスイッチ。
床の底から響くような重い振動と低い音…
あ、飲み物持ってこないと…
ペットボトルのスポーツドリンクで良いかな…
少し開けたドアから転がしてやる…

はぁ…
アレはこれを、どんな風にして飲むんだろ…
絶対に普通には飲まないよね…
まったく…
最低…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2014-12-21 (Sun)

私の右手には、黒いゴムのベルトと真っ赤な棒がくっついたもの。
無駄になめらかで、無駄に溝や凹凸が多くて、妙な反りが入ってる。
戯れに目の前にかざしてやると、コレが賛美するような眼を向ける。

 あっそ…

そんな眼差しは透明な壁で跳ね返しながら、ベルトを腰に巻きつける。
こうすると喜ぶから仕方ない…
私の身体の一部になったような錯覚をくれてやる。
本当は手で持ってした方が簡単だし…
自由に反りの向きも変えられないし… めんどくさい…
反りを下に向けたほうが喉の奥まで入るよね…

「ほら飲み込んで。
この長さなら、食道まで届くね…」
独り言をつぶやく。
私の言葉は私の思いつきと気まぐれと欲求の結果、こぼれるもの。
だから、こんなのは独り言。
コレの欲望なんて知らないし、勝手に言ったとおりに動くだけ。

私の腕の、強力で無慈悲なモーターは一定のスピードで棒を咥えた頭を引き込んでいく。
少しの引っかかりの後、一気に私の下腹部に鼻がつきあたる。
そのまま…

 1… 2… 3… 4… 5…

全然抵抗が無くて、手を離してもきっとそのまま。
苦痛に変化していく顔…
震えてる。肩が強張ってる。
エライから髪を撫でてあげる。
ゆっくりとね… 時間をかけて…



ほんの少しだけ髪を後ろにすくみたいにしてやると、私の腰からゆっくりと離れていく。
排水溝の詰まりがとれる音…
糸を引く唾液、液体にまみれてだらしの無い顔…

「ふーん… 意外。
吐かなかったね。」
また独り言。

「じゃあ、もう一回。」
独り言。

のっそりとした動きで身を寄せて、口が包み込む…
「さっきよりも腰が遠いよ…」
髪をつかんで、引っ張る。
もっとこっちに来て。
そう、さっきよりも遠いんだよ。
体は苦痛を拒否してるんだね。
かわいいね…

はい、奥までしっかり飲み込んでね。
いくよーっ。
よっ、よっ、よっ…
一気に、思いっきり腰を突き出して、ほんの少し緩めて、また突き出す。
強力に突きいれられるから、腰に付けた意味も少しはあったかもね…
あ、喉の奥が、変な音してる。
肩が、ビクッてなってる。
変な動きしてる… 顔もグシャグシャ…
震える唇。
変なの。
あ、これ、面白いかも…
私の無意味な好奇心を解放してやろう。

あっ…
すっごく前かがみになって、震えながら手が私のお尻をさすってる…
必死な感じで…
じたばたと忙しいけど、表面を優しく撫でていくだけ…

良く解ってるじゃない… 
そう、叩いたりしたらだめだよね… 
あんまりせかしても駄目…
私が好きな時に抜くの。
あなたの都合なんて知らない。
もし無意識にでも私を叩いたりしたら酷いよ。

一気に、引き… 抜く…

「手で受け止めて… 下さい…」
少し、汗をかいた… 息が上がってる。

山芋を荒くすって、薄口しょうゆを少し、そんな風なもの…
大きく開いた唇を流れ出て、手皿から溢れる。
まるで多段式の噴水。
そして、酷い顔。

「顔には塗らないで下さいね。」
顔に吐しゃ物が付いてるのは嫌いなの。
こんな独り言を言うと、コレは両手に並々と湛えたモノを胸の真ん中に叩きつけて塗り拡げはじめる。
流れ落ちるのを惜しんでまた受け止めて、四肢に刷り込んでいく。

「口あけて…」
私の、あげる。
口の中の唾液を軽く集めて落とす。
舌の上に落ちて、喉に導く、この人の仕草に救われる…
毛羽立っていた胸が、少し落ち着く。

時々動きがぎこちなくなって止る。
宿主にされていた幼生に身体を食い破られる寸前みたいな痙攣。
少し間違えると、泡吹いたりしそうな顔…

私の手から放れた洗面器が床に乾いた音で跳ねる…

「もう一回。
喉が使いものにならなくしてあげます。」
私が満足するまでね。

洗面器をまたいで、欲情でベトベトに開いた口。
一歩前に出て、髪をわしづかむ…

洗面器に水流をたたきつける音と、コレの下からにごった音。

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2013-06-18 (Tue)
【結局書き直した。
他にすること無いの…?
side favor
割りとよくできてると思うから勿体無い…
my own sketch

少しでも読みやすくなっているかな…
2013/06/18】

金具を、高い方のシャワーラックにかけて、シャワーヘッ ドで固定する。
ガラスの容器の一番上のラインから下る液面の速さと、容器の下からのびるチューブの細さ…
私の原体験が映すイメージの、水勢…
腸の粘膜の奥まで絶え間なく流れ込む薬液…
重力の、物理法則の冷酷さが、少し嫌い。

床に、お尻に刺さったチューブの先を繰るだけで発情してる、このメス…
一人で勝手に嬌声を上げて…
前髪の根元をごっそりと握り込んでやると、ひきつって、戸惑った顔、目。
良く解らない焦燥、イラつき。 バスタブの方に引き倒す。
おびえてる、ように演じている風にしか見えない朱に染まった頬…
うちしだかれて水の滴るヒロインの、腰砕けで不安定な姿勢から直ろうともしない。

そのままで… いてよ…

バスタブのヘリに右脚を乗せる。
両脚で、頭を包み込む。
顔は上向きだよ… そう…
口をあけて…
粘膜と唇が重なる。
主従の愛の包容。
私は奴隷の指先を突きたて、奴隷は私の脚を胸に抱く。
何世紀も前に作られた、スタティックなシーンを切り取った石の像になる。

私の敏感な出口に、温かい流水の溢れる摩擦と、左脚にほんの少し伝う温かさ…
許容量を超えて注がれる水を必死に飲み続けてる。
勢い余って空気まで飲み込む歪な嚥下の隙間から零れた分…
オシッコの生理的な心地よさ…
私の毛の茂みから覗く、コレの興奮と従順に振れる天秤の目…
私の胸をかきむしりたくなるような情動を引き起こしながら、決して満たさないもの。


体中が皮下からざわついてきて、胸が深海の水圧に押しつぶされる寸前になる。
もし、勝手に私の敏感な粘膜に舌を這わせたら承知しない。
私の抑制できない筋収縮が起こったりしたら、声帯が甘い声を漏らしてしまったりしたら…
きっと自分を抑えきれない。 ボロボロにしちゃうかも…

綺麗にはしてもらう。
でも、私の命令を待ちなさい。
口に出さない命令… 私の甘え… 身勝手…

「キレイにしてください。」

ゆっくりと下っていた液面のラインが急加速してチューブの中を滑り降りる…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。