このブログ
このブログは性的な表現がありますので、未成年の方には適さないものです。
汚い表現(汚物系のプレイ)、歪んだ愛情表現、倒錯した性世界を表現した文章があります。
SMの世界に憧れていますので、そういった文章のまねごともあります。
多くの方にとって不快だと思います。
個別記事の管理-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
個別記事の管理2016-02-01 (Mon)


マナーモードのメール…

講義が終わって…
ああ、最悪…
あいつだ…
もう、内容見ない…
行けばいいんでしょ…?

あ、でも何かしら指示があるかも…
めんどくさいな…

頬が熱くなる…
また、楽しませてくれるって…
いやだ…
午後の講義はきっと楽しい…
きっと前よりも酷くて素敵…
今まで必ずそうだったから…

目の前の餌
あらゆるものを超えた悦び
手を伸ばせばすぐに届く
ただ、生真面目さだけがほんの少しのおあずけを課してくるだけ
一番楽いい距離…
いいところだけ先取り
私が一番可愛い時間

楽しくない… はずが…
ない…



大掛かりな装置…
寸胴みたいなガラス容器が高いテーブルに置いてあって、
底からチューブが伸びてる…
すごい…
妄想したことがある装置…
きっと、誰でもしたことある
私のようなのなら…

そして…
現実に私の眼前に存在している…
膝よりも少し高い所にあるもの…
きっと、作るの大変だったでしょ…

この、肌色の円錐はきっと私のお尻に入れるためのもの。
一番太いところが、ぎりぎり入るかな…
先は穴があいてて、チューブからつながっていることは容易にわかる…
円錐の下には缶ジュースくらいの太さの円筒が横向きに繋がってる。
そうね… 太い鉄棒に円錐が生えているような感じ…
円錐の近くが卑猥で歪な形になってる…
またがったときに私のアソコが責められるんだろう…

本当はね… 多分、一番初めに目に入ったのはその部分。
一目見てエッチな目的だって解るから…
アダルトグッズの貪欲さが感じられる…
そこはきっと私の一番エッチな部分にあてがわれるんだろうから…
そこから逆算して私のセットされるべき姿が思い浮かんだの…

装置のある所の床は黒いゴムで覆ってある…
机の上のガラス容器の横に薬品の瓶が並んでて…
床の覆いは私の粗相を想定してるんだね…
もともと床は水洗い容易なはずなんだけどなぁ…
いつか殺す…
装置から20cmくらい…? 離れたところ、床から黒いベルトが伸びてて、
きっと私の太股が括りつけられる…


一目で、私の周りの重力が消える…
初めに感じたのは、あまりに機械的で無機質で、手が込んでて、大掛かりな印象…
完成された責め、美しい残酷さの予感…
それがきっと私に降り注ぐ予感が一瞬遅れて重複する
第一印象で射抜かれる…
そして、ひと掬いの殺意

もう少し遅れてこの装置の具体的な使われ方が浮かんで…
イメージに酔う…
本当は、もう少し酷い装置だったんだけど、このときにはまだそこまでは解ってない…

いい絵だよ…
床に無造作に置かれたベルト、恥ずかしい部分に当たるエッチなところの色…
鮮やかなピンク色をしてる…
整然と並んだ薬品…
ちゃんと精製水を用意しているのが偉い…
アイスキーパーにトングが立ってる…
気がきく…

この瞬間が最高…

あとは… コレだったら、快楽に狂うだけ…
きっと…


私がこの円錐をお尻に入れて…
限界まで自分のお尻を拡げる…
腰を落とせばそれだけ拡がるから…
後はガラス容器に入れた液体が私に入って…
円筒に強く座り込めば漏らせないね
バルーンで栓をする以外に本当に排泄を管理する方法の一つ…
無表情で説明されて…

私の右手の爪が左腕に食い込む…
体を小さくして震えてる…
私…
本当に… 私がされる…
こんなに気持ちいいことを…
肩で窮屈に吸った息が口からこぼれる…
凛々しい表情を… もう作れない…
作りたくない…
弱弱しく… いたい…

ここに、こう立つんだね…
脚を大きく開いて、私の真下に円錐…
屈辱…
ベルトが片脚に二本ずつ
一本は脚の付け根、もう片方は膝の関節に近いところ

うん…
そのスイッチを押すと…?
ベルトは下に引き込まれていく… うん…
そんなに強くなく… そう…
でも、一度引き込まれた分はもう緩まない… え…?
一方通行に降りて行く…
そう… なんだ…
私の予想以上…
作るの大変だったでしょ…?
きっと、お金もかかったよね…

一人舞台、ステージの真ん中で拘束される私を見下ろしている…
ベルトの食い込んだ感触がする
スイッチ…? うん、入れて…
緩んだベルトがゆっくり床に吸い込まれる
全然引っ張られてる感じはしない…
酷い…

お尻の穴に食い込んでいくエッチな道具…
引き裂きながら…
引き返せない地獄への道…
最大に拡がったまま固定されて、そのまま追い打ちをかけるグリセリン…
自分でしないといけない…
ベルトの張力は手助けしてくれない…

ねえ、もう腰をおろしていいの…?
いい所じゃないの…?
なんであっち向いて作業してるの…?
何かの準備?
後で良いんじゃない?
もう少し慌てたら…?
見逃しちゃうよ…?

もういいんだよね…
しても…
きっと… 聞いても、何故そんなこと聞くのかって…
一瞬だけ目をくれるに決まってる…

腰を下ろすと、私がどんどん卑猥になっていく
どんどんエッチな部分をアピールする姿勢になっていって…
そのうち先端が私のお尻に到達して…
躊躇する…
膝の疲労が躊躇を覚悟に変えることを急かす…
イメージを堪能してる
でも、早く気持ちよくなりたい…
相変わらず何の命令もしないコイツ…

じゃあ…
いくよ…
あ…
ほんの少しだけ膝を折る…
あはは…
あまりの絶望感におかしくなりそう…
ううん… おかしくなってきた…
だって、毛のところが…
凄くエッチ…
恥ずかしいところが開いていく
見えないけど、身体の受容器官が教えてくれる
首をそらして、目を細めながら妖しく笑おう…
本当におかしくならないように、おかしいふりをしよう
そんなに楽しいの…?

お尻が引き裂かれて…
引き裂かれたまま固定されて…
グリセリンに、内蔵がひっくり返るくらいにさいなまれる…
今決定した…
もう引き返せない…
重要なたったの3cm

あっ…
グリセリンの瓶をこれ見よがしに振ってやがる…
クソっ…
でも…
口元に少し不自然な表情があったよ…
スイッチのはいった私に感情を持ったね…
ザマミロ…


変な感じ…
本当にもう膝が伸びなくなった…
まるで夢の中にいるみたいな不自然な不自由さ…
体が、今架せられているルールをつかめずにいて…
閉塞感と焦燥が襲ってくる。
息の詰まる恐怖…

少しずつ…
膝をおろしていく…
反射的に立ち上がろうとして…
その度に装置の無慈悲さと私の哀れさを痛感しながら…

もうすぐ… かな…
まだなの…?
鼓動は青天井に膨張を続ける。

あ…
触れた…
お尻の穴の真ん中から、少しだけ右にずれてて…
ちょっと肌に食い込んだままスライドさせて導く…
ズルって… 先端が粘膜を穿つ…

もう、膝は90度近くになってると思う…
疲労も少し溜まってる…
ここからが長いのに…
ゆっくりしてられない…
途中で力尽きたら最悪だ…
きっと、本当に裂ける…

うぅ…
気持ち… いい…
膝… 辛い…
拡がる…
馴染まない…
ちっと痛いかも…
まだあったまってないし…
もっとゆっくり入れたい…
ああ… タイムリミットが迫ってくる…
一番つらい体勢だから、一気に膝ががくがくしてくる…
入れたり抜いたりしてほぐせない…

拘束されてる…
私… 残酷に自由を奪われてる…
実感する… させられる…

だんだん馴染んできてるけど…
太い…
そろそろキツイ…
裂けそう…
まだなの…
早く…
底まで着いて…

えっ…?
呼んだ…?
甲斐甲斐しい俊敏さで目線をくれてやると…
カセット… コンロ…
どこにあったの…?
片手に持って、ぶら下げてる…
弱り目に… 祟り目…
被虐心の大きな波が、苦痛に消え入りそうな私を押し流そうとする…
本当に… グーパンチするよ…
涙目で睨みつけるけど、知らん顔で…
はいはい…
「カセットコンロを見せましたけど、それが何か…?」
でしょ…?
私ね… 今忙しいの…
後にしてくれない…?

ガラスの容器をカセットコンロに掛けられて、そのまま浣腸される…
そのイメージまで一瞬なの…
きっと、本当にはされないけどね…


お尻がひりひりする…
粘膜も皮膚も張り裂けそうに張ってる…
ぎりぎりだぁ…
もうトロトロだったエッチなところが不規則な凹凸にめり込む…
脚が限界…
ううーっ…
体重を装置に掛ける。
お尻の穴は相変わらずいっぱいいっぱいで…
最後のひと押し…
筒の所まで思いっきりめり込んで、少しも閉じなくなった…
もう少ししたら馴染んで、気持ちよさも混じってくるんだろうけど…
エッチなところの骨が少しゴリゴリ押しつけられて、優しい木馬くらいの性能を発揮してる…
出っ張りに刺激されつづけてるし…
すごい…
このままずっと過ごすなんて… ゾクっとする…
本当に… ゾッとする…
最高に拡がった状態の排泄反射…
永久の…

あ…
苦しさと痛さはそのままで…
お尻が気持ちよさを感じ始めた…
強く… 押しつけられてるから、少しの動きがエッチな所に強い刺激になる…

え…?
定まらない目をあげると、直ぐそこに立って、グリセリンを揺らしてる…
うん、忘れてないよ…
これで終わりじゃないって…
もっとひどくなるんだよね…
グリセリンと水、混ぜないで入れた方が良い… かって…?


怖い…
本当に苦しいの…
あのね…
私が恐怖するくらい、本当に違うの…

この目は…
私がお願いしないと酷くしてくれない目だ…
酷い目に会わせたいって欲求を持ってくれてない目…
私の威嚇に動じない… 毅然として…
全然…

酷い…
頭のタガが崩れ落ちて…
頬を涙が伝う…
無慈悲に擦れるエッチなところ…
エッチな汁の摩擦…

混ぜないで… 入れて…
混ぜないで入れて下さい。
混ぜないで入れて下さい!
混ぜないで入れて下さい!!
もう…
私、最悪…
唾を吐きかけたくなる…

疲れた…
思いっきり泣けた…

後で…
褒めてあげよう…

Return

* Comment : (1) * Trackback : (0)

承認待ちコメント * by -

個別記事の管理2016-01-22 (Fri)
久しぶり
保存ボタンを押すところまで行くのは久しぶり


長靴の拷問を知ってるでしょ?
あれの気持ちいいやつ

ブカブカのブーツとそれが隠れるくらいのスカート、ドロドロになった排泄物が飛び散らずに脚を伝っていくように工夫したペティコート

つれ回される
それだけ
「つれ回してあげる」んだと…
あいつはさっさと先を歩いていく

いつもの調子で尋常でない量の液体が押しこまれたウエストは、歪な体型で外気に晒されている
腰より上を覆う布は、両方の胸の膨らみだけしか仰せつかってないらしい…
下半身と整合性のとれない服装は、通行人の眼を一瞬で捉えて、要らぬ詮索の端緒になる

そうだよ…
お腹を押さえてるのも、苦悶の顔も、たどたどしい内股歩きも、お腹が痛いせいだよ
誰でもわかるでしょ…
トイレに行く逃げ道を選ばないのは、エッチな理由があるの
最低な…
そんな最低な私の苦しんでる理由を、みんな知ってる
だから、眉を顰めるのは私への侮蔑
きっとそう…

基本中の基本、グリセリン
塩化マグネシウムをサービスで…
まあ、我慢し切ったりしたら意味がないから仕方ないね…
蜂蜜の味付け
フレイバーにおしっこ

内臓が腹圧の抗議
おしりの筋肉は痙攣で反乱してくる

歩道の真ん中で立ち止まる
固形のものから噴出する
解放と摩擦の腐った心地よさ
爪先から満たされる、びっくりする位熱い滑り
ブーツのくびれに引っかかる塊

焦点の合わない景色
雑踏、歩行者信号の誘導音声、排気の音
呆けた顔をしてる…
開いた口から息が漏れる
脳が溶けてる
私、気持いい顔してる
最低のことして、それが知らない人たちに丸わかりで、場違いで…
なのに、気持ちいいの…?
最低…
最低な私が最高に可愛くて、泣きたくなるくらい気持ちいい

あいつが歩いていく

重くなった、サイズの合わないブーツが脱げないように引きずる
足を出すたびに汚い音がなる
撹拌される
ビックリするくらい熱かったのが、段々人肌の暖かさになってくる
重たい
肌に、指の間に染み込む
靴底が滑る
汚いものに肌がふやけていく

私が気持ちよくなるための舞台、道具、手段
風が吹いて、日が差して…
視界に入れて、嗤って…

もう水位はギリギリ
重い足枷
しゃがみ込むこともできない
晒されるしかない、逃げられない
とっても酷い拷問

お腹の中にはまだ半分
おさまったのは圧迫感だけ
薬品としては立派に苦しさをくれる
私が気持ちよくて泣いてる
絶望して、立ち竦む
気持ちよくて、顔を隠すのを忘れる…


こぼしたらどうするか、だって…
ジッケンの説明の時に言われたの
「公道を排泄物で汚すなんて、そんな迷惑で非常識なことを自分の欲求のためにする奴はどうすればいい?亅
殺そうかと思った…

後悔しきれないくらい酷い罰を与えれば…
いいんじゃない…?
気持ちいいとか…
そんな余裕がないくらいの、本当の罰

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2014-12-22 (Mon)
Excuse Ⅰ-Ⅲ. Arrangements

で、あいつの家…
というよりもちょっとしたお屋敷。

で、ちょっと厳重な扉、地下室。
ゴムでできた床、排水溝
ヴィジュアル重視の拷問器具
フックを備えた、機能性抜群の壁と天井
無駄に明るい無機質な照明

一角に作られたお洒落空間。
ガラスの天板のテーブル、おそろいの椅子が一脚。
ポッドに、カップ、ケトル、ティーバッグ、さりげない観葉植物
装幀の立派な本数冊がブックエンドに寄りかかってる。
こいつって、こういうところがあるみたいで…
インテリアが妙に素敵なの…
でもきっと、ここに用意されたものが居心地良さそうなのは、半分は当てつけ。
これから地獄を旅する私への…

だって、丁度そこから観察するのに適している所に、見たことのない装置…
絶対、これが今回私を追い詰める装置…
私の自虐プレイの経験上、一つ一つの部分は割と初見ではないんだよね…
ここをこうして拘束して、あれをお尻に入れて、液体が注がれる、そんなことは想像できてしまう…

バレバレだし…
惨めな私と、優雅なあなたのコントラストを演出しているんだよね…
ただ、きっと半分は本当にくつろぐ気でいる…
そのために、わざわざ快適な空間を作ったのが想像できる…
本当に、最低な奴…
失礼な奴…

「キョウノジッケン」についての説明が始まる。
・こっちのバスタブみたいな容器には100Lの液体が入ってる(ハイハイ、グリセリンね)
・それを、こっちの同じ形の容器に全部移そうと思う(何のために?)
・そのためのチューブと自動で動くポンプを用意したけど… ちょっと問題が…(あ、そーですか…)
・途中がこんなことになってしまって(あんたの技術力で失敗も無いでしょうに…)
・1m位の、チューブ状のものがあると助かるんだ。どこかにない?(私の腸の事?私から言わせるんだ…)
・あ、それいいね。でも良いの?そんなこと… 苦しいし、普通でないよ?(じゃあ、明らかに入れるときにお尻が気持ちよくなるようなそのデザインは何…?)
・ごめんね、こんなことに付き合ってもらって(本当だよ! バカ野郎!!)

どうしよう… どこから突っ込めばいいんだろう…
罰が当たればいいのに…

バスタブ同士をつなぐチューブの真ん中に、80cm位の蛇腹みたいになっている金属がある。
ふーん、自由に形を変えられるんだ…
それで…? 根元の穴から、バスタブ1の液体が出てくるわけね…
先端の方の穴が、バスタブ2に繋がっていると…
金属部分を私の大腸全体にちょうど収めてお尻をバルーンで塞いだら、私の消化管の出口から入り口に逆流していって、ちゃんとバスタブからバスタブへ液体が注がれると…
それで、私の腸はその間グリセリンで爛れると…
天井から伸びている鎖の先には四つの枷。
そしてわざとらしく置かれたエッチな形のモノ…
馬鹿みたいな表情で顔を固定する口枷とそこから伸びる点滴…
本当に、準備万端だね…
コイツもっと他にすることないのかよ…

で、この装置の目的は何なの…?
何のために液体を移すの…?
「おふろの残り湯で洗濯したりするじゃん?」
で…?
「そういうこと♪」
だから水槽じゃなくてこんな形にしたのか…
どこまでもふざけきるつもりだ…
切実なのは私だけ…

糞野郎…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2013-05-11 (Sat)
【大掛かりな装置を使ったプレイができたら素敵…
それが可能な設定。他力本願な妄想。
2013/05/10】


視界の端で、時間を見るために机に置いた携帯のバックライトが点灯する。
「メール受信中」の報告の下で便箋と封筒のイラストがコミカルに踊る、コマ送りの紙芝居。

黒板を囲むように扇形に配置された横長の、床に固定されたデスクには斑に生徒が座っていて、照明が落とされて窓を閉め切った教室…
90分講義の囚人たちは厚い遮光カーテンの隙間から差す光に外界の明るさを思い出し…
知能指数の追いつかない論理と、呼吸で使い古された空気に生理的な睡魔が理性をふやけさせる講義。
生ぬるく乾いた脳に潤いのある潮風を通したくて、シャーペンを置いた右手がメールを確認する。

 ……

うわっ…!!
先生の説明の内容が途切れないように素早く、送信相手と件名だけ確認するつもりだったのに…
あいつだ…
「登録名:クソ野郎、件名:招待状」
液晶に眼が捕らわれているうちに、講義室の黒板の前に降ろされたスクリーンに映っているスライドが入れ替わる。
慌てて講義の流れを思い出そうとする…
先生の話に集中しようとする、けど…

メールの内容…
きっと、いつもと同じ…
「君をもてなす素敵な装置とシナリオができたから、来たければ来ていいよ。」
要約すれば、5年前に買ったガラケーの液晶に余裕を持って収まる程度の内容。
フォーマルな定型文で綴られた文章は、メールにはふさわしくない形式で冗長。
前回のメールは、「前略」で始まっていた…
一体何を略したっていうの?
差出人だけ見れば、もう内容まで見たかのように予想できる…
近衛兵の忠誠心に満ちた顔をしたあいつが、手に負えないお姫様の、秘めたる我儘に困り果てている演技。
目の前に浮かんできそうなあいつの顔を、頭の一振りで吹き飛ばそうとする…

念のため…
「もてなす」は、「虐める」ってこと。
「素敵な」は、「けた外れに倒錯した」ってこと。
早くいえば最高に変態的でハードなSMプレイのお誘い。
私、なんか…
そういうことされるのが好きなのかもしれなくて…
あくまでも私が望むなら、っていうスタイルを貫くあいつにムカつきながらもいつもノコノコと出向く…

講義の時間を狙ったのはわざとかな…
頭を支配しつつあった眠気が霧のように晴れて、かわりに胸の真ん中に焦熱の石を詰め込まれたみたいに熱を持った息苦しい圧迫感が現れる。
身体と脳に刷り込まれた、幾度も味わった被虐の悦びと快楽がフラッシュバックしてきて、
拷問的な苦痛と快楽にゲル状になった、私の顔をした影法師が有無を言わさない妖艶な目で迫ってきて、溶け合って一つになる。
性器の粘膜の表面と、お尻の穴、その奥の腸粘膜の壁を甘く痺れる電光が走り続け…
最後にプレイに付き合ったのは一月前(嫌なタイミングで攻撃してくるヤツ…)、
その煉獄と天国を同時に体験する素敵なパーティーの快楽の15%を脳細胞が擬似的に体験しながら、
絶対にもっと酷いことをされる今日の運命に極上の戸惑いを見せる私…
口からは、煮えたぎる胸の中で熱されて、湯気みたいに湿った吐息が漏れ、薄い木製の椅子と汗ばんだお尻に挟まれた下着は、粘っこく泡立つ液で酷いことになる。
講義の声は論理的意味を持たないBGMにかわり、スライドが入れ替わる瞬間にだけ控えめに言語中枢の門を叩くだけ…

今日は講義は午前中だけ…
その後の予定はない。
しかも、明日は休み… 世間は平日だけどね…
これを入れてあと二つ、講義が終わったら自転車を走らせて…
あいつの、《ジッケン》というラベルの付いた拷問に付き合わされる。
差出人だけ見れば、私の運命が数珠つなぎに頭をめぐる… 
一秒を剃刀で薄く切り取ったほどの時間の内に…

ほんと… タイミングが良いことだね…
メールの内容が予想通りだとしたら、ふざけてる。
もし、万が一違ってたら…
もっとふざけてる…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
個別記事の管理2013-05-10 (Fri)
Excuse Ⅰ-Ⅱ.Interval

不意に、チャイムの音が濃密度の空気を粉々にくだき、鼓膜に突き刺さり、肉片を詰め込んだ培養槽なっていた意識を、ミサを告げる荘厳な鐘のように戒める。

先生が、重ねた冊子の端を机に打ちつけて揃えながら次の講義の予定を告げ、
教室の端のスイッチを押すと、蛍光灯が躊躇いがちに点灯する。
講義の終わりを告げると合図と同時に半分の生徒が立ち上がり、喧騒の中を一気に出口にはけていく。

大音響のチャイムと100ワットの照明は、私の妄想世界まで押し流した。
動悸と、下着を湿らせた汗が淫夢の残骸として残るだけ。
唾液を一度大きく飲み込んでから、テキストを閉じ、筆記具をペンケースに詰め込む。
次の講義は、隣の建物に移動しないといけないから、あまり休憩時間の余裕はない。

立ち上がろうと脚に体重を掛けると、下着に溜まったエッチな液が冷たくて気持ち悪い。
最悪。下着汚れたし…
一瞬躊躇した腰を一気に持ち上げる。
散らばったテキストとルーズリーフとペンケースを投げこんたバッグを肩に掛け、
冷たくぬれた下半身を無視しながら胸を張って歩きだす。



次の講義は休もうかな…
小学校の理科準備室よりも小さなバカにしたような教室と、片手の指に満たない受講生…
講義も教室も設定を間違ってる…
いつもはこんな講義を受けることを自嘲して悦に入りさえしていたけど、今日は困った…
沸点に近くなった血液の暴れる身体で受けるには役割が重すぎる。
先生に申し訳ない…
平静を演じきれそうにない…
だから…

だけど…
じゃあ、予定よりも早くあいつの所に行くの?
予定よりも早い到着に驚いたふりをするあいつの顔がちらつく…
ダメ… ちゃんと受けなきゃ。
あいつへの負い目を一つ作るくらいなら…



放課前の小学生のように時計の時刻を眺めてばかりの講義は、後10分で終わり…、まで後2分か…
講義の内容は意識の表面をスリップしていき、プレイの前に裸になった私が提出する予定のショーツはエッチな刻印を記録していく。



携帯の時計が終業一分前の時刻を示してから数秒後にチャイムが鳴る。
いつも通りに先生に頼まれた黒板を手早く消してから教室を後にする。

廊下ですれ違う人達や、壁のポスターは風景と溶け合って、アバンギャルドな壁面のトンネルをくぐっていくみたいに建物を後にする。
出口から駐輪場までの道は、底知れない谷間に掛けられたつり橋みたい。
峡谷を通る風が心地のいい音色を奏で、恐怖と期待に竦みそうになる脚を不思議な力で導く。



自転車の篭に投げ込んだバッグの金具が重い金属音をたてる。
軽やかに舞うように、勝手にペダルをこいでいく脚。
緑のそよぐ大学通りを、抱擁の姿勢の風の精霊の胸に飛び込むように自転車を走らせる。
急な坂を下るように髪先とスカートの裾が風に舞い、帆のように波打つTシャツ。

メールを見た時からの慢性的な錯覚の便意と腸の奥の疼きが、サドルの刺激でどうにかなりそう…
身体の芯から滲み出る熱を風が冷ましていく…
熱に茹で上がった頭に…
何て涼しいの…

Return

* Comment : (0) * Trackback : (0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。